FC2ブログ

2007/12/16(日) 10:36:57 [韓国]

李明人権問題国「支那」を凌ぐ
世界一の「韓国棄民」

20071216001
韓国人女児捨てたオランダ人外交官に非難相次ぐ
 オランダ人外交官夫妻に引き取られた後、養子縁組を解消された韓国人女児ジェードちゃん(8)の問題をめぐり、この夫妻に世界各地から怒りの声が上がっている。(中略)波紋が広がっていることを受け、プテライ氏夫妻はテレグラフ紙に書簡を送った。この書簡には「04年からジェードは深刻な“感情接触恐怖症”を患い、養子縁組機関の専門家や医師のアドバイスにより、香港社会福祉局に送った。わたしたちは正式に養子縁組を解消した覚えはない」と弁解した。だが、オランダ外務省は香港総領事館に勤務するプテライ氏を13日、一時帰国させた。一方、香港の韓国人コミュニティーでは「プテライ氏夫妻が直接真相を明かすか、あるいはオランダが政府レベルで謝罪・遺憾の意を表明すべき。それがなければ政府レベルで外交的問題を提起せざるを得ないだろう」という声が高まっている。朝鮮日報12月15日付記事より参照のため引用/写真は「13日、「駐香港オランダ副領事ライモント・プテライ氏(55)夫妻は2000年に養子として引き取った韓国人女児(当時生後4カ月)を06年に捨てた」と報じたオランダ日刊紙テレグラフの掲載記事」同記事より参照のため引用

----------

養子は韓国の「国家資源」

 有志ブログの多くがあつかわれている事柄と思う。諸氏の英邁な指摘と論及に敬意を表し、小ブログからも短稿を呈する。また、先稿に対し、読者のみなさまより的確なコメント、新たな情報をいただき、感謝する。

 表題に参考引用する記事は、養子(韓国人女児)を実質的に放棄したオランダ人外交官夫妻の人権感覚を非難している。さらに、『香港の韓国人コミュニティーでは「プテライ氏夫妻が直接真相を明かすか、あるいはオランダが政府レベルで謝罪・遺憾の意を表明すべき。それがなければ政府レベルで外交的問題を提起せざるを得ないだろう」という声が高まっている』と声高になっている。オランダの公職にある人物がかくなる行為に出れば、非難の対象とされて然るべきであるし、併せて、同国の伝統的ともいえる人権感覚の低さを国際世論に問うべきであろう。

 だが、これは、かく云う韓国にとっても、自国の人権倫理の質を問い糾(ただ)す良い機会ではないのか。たええば、『23万人の海外養子は貴重な国家資源』(2006年3月9日付「世界日報韓国語版」)と伝えられる実態は、いったい何を意味するのか。海外23万人の韓国人養子は韓国の貴重な国家資源である。韓国政府は積極活用すべき(要旨)と。韓国の「棄民」の実態が指摘されて久しいが、その体質には改める傾向が見受けられない。
----------

世界トップの「棄民国」

 韓国が「農林・漁業と同レベル」とし、『国内総生産(GDP)の4.1%を占める』(2003年2月6日付朝鮮日報)と報じてはばからない「性買春」と同様に、「養子」も国家を支えるリソースととらえているのだろうか。「韓国からの養子が減少している」(要旨)「中央日報米国配信・韓国語版」 とする報道も存在していた。

 韓国語が解る有志によれば、同記事は、云く『1989年から2004年までの間に、養子に入った子供は中国出身が3万5730人で最も多く、次いでロシアが3万4688人、韓国は2万7361人で3番目だった。韓国は、1989年から1994年まで、1991年を除いてずっと1位を占め、一時はシェアが40%に達していた。しかし、1995年からは中国とロシアに次ぐ3位、2002年からはグァテマラが3位で韓国は4位になり、比率も10%へと低下した。年平均の新規養子も1710人で、2000人を越える中国やロシアに比べて相当減少した』(概訳)と報じていたとのこと。

 ここで。『グァテマラが3位』と云うが、孤児が増えた理由は同国の内戦によるものだ。平和な国「韓国」の棄民とは根本的に要旨の質が異なる。また、『韓国は4位』に後退したと言いたげだが、支那、ロシアと、韓国の人口には大きな差が有る。13億人以上の人口を擁する支那、約1億4280人の人口を有するロシア。それに対し、韓国は約4860万人。もって、単純計算でも韓国の「棄民密度」はロシアを大きく上回り、国際世論の中で「人権」が問題視されている支那さえも、はるかに凌(しの)いでいる。
----------

韓国の偽証体質

 最近では、論客に衝かれるため、こうした報道は減少したようだが。はからずも、朝鮮日報(2003年2月13日付)には、「何の罪もない人を罪人に仕立て上げ、罰を受けるべき人の 罪を覆い隠す「偽証」が法廷ではこびっている」と韓国内の偽証の蔓延を報じている。

 記事によれば、2000年の場合を挙げ、『韓国で偽証罪で起訴された人が1198人であることに比べ日本は5人だった。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が日本の671倍に達するというのが最高検察庁の分析だ』と記している。韓国紙自らが報じる偽証体質への指摘と、上述の棄民の実態指摘を踏まえ、国際アムネスティへ意見書を送付することとした。後稿に報告するが、今般の欧州議会の“議決”には、この団体の検証なき一方的な働きかけが大きく影響していた。その実態を有志が調査し、情報を寄せてくれたのでみなさまに周知したい。
----------

■ 最近の主な関連記事:

女児を捨てた蘭外交官
オランダ関連記事

----------

【筆者記】

 みなさまにはご自愛をお願いしておきながら、風邪熱で重たい朝を迎えてしまった。博士の独り言を読むと「血圧が上がる」と言われる読者がおられるが、筆者とて同じである。元々、血圧が低めなので、筆者にとって「血圧上昇」は程良いのだが。本当にご自愛を。朝の短稿にて失礼する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。昨今、売国事例と呼ぶべきさまざまな事件、不祥事が露呈していますが、良識の力によってこれらを今周知・打開し、未来の教訓とすべき「日本復刻」への確かな前兆と筆者は観ています。先ず膿を出し切って、病を治す。これもまた自明の道と思います。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えていただき、共に闘ってくださるみなさまに心より感謝します。


 国民の手で日本を取り戻しましょう!
 

---------- ----------

 

 

スポンサーサイト



| HOME |