--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/23(月) 23:15:13 [メディア/意見書]

朝日、手を替えて中川攻撃

20090223017 
中川財務相「もうろう会見」 記者は何をしていたのか?
 朝日紙面に報道を回顧するコラムが掲載されている。興味深い記事なので、小稿に参照したい。博士の独り言/写真は朝日新聞記事(切り抜き)2月23日夕刊(9面)。参照のため引用

----------

中川昭一「バッシング」の一環

 バッシング報道の「アリバイ」記事のパターンではないか。云く、「中川前財務・金融相はローマの記者会見で醜態をさらしましたが、会見に出席した記者たちもまた、批判を浴びることになりました。テレビニュースが、記者会見の様子を放送したからです」とある。論旨のすり換えではないか。記者を批判する論調はどこの紙面にあったのか。また、云く、「呂律(ろれつ)が回らない大臣の様子を見て、(記者からは)体調を心配する質問があってもよさそうなものですが、質問がなかったことがわかってしまいました」とある。

 池上氏が示唆されるように、確かに、体調に関する記者の質問はあって良かった、とトリミングされた報道映像のみを見れば、ふとそう思えるかもしれない。だが、報道そのものが、表題の写真選びと同様、中川財務相「もうろう会見」とキャプションを付ける朝日紙面のような意図性を持っていた、と認識すれば事の次第は判りやすくなる。すなわち、「ニュース映像」で配信するための、「ネタ」シーンが最初から欲しかったのである。中川氏は状態が悪い中でも、会見全般では何とか受け答えをこなしている。だが、それについての映像は放映せず、「ネタ」の部分を強調するかのように、際限なく放映し、記事に書き続けたのは、いったい、「どなた」であったのか。

 また、云く、「それとも中川氏と一緒に酒を飲んでいたので、追求できなかったのでしょうか」と。そこで、云く、「毎日新聞は18日朝刊で、中川氏が前夜男性記者たちと酒を飲み、当日は、日本から同行した女性記者らと昼食をとり、その際、赤のグラスでワインを注文したと書いています。この記事の最後には、「毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席していなかった」と書いてあります。わが社は潔白だと言いたいようです」とある。曖昧に過ぎる論旨である。池上氏がここで引用されている「毎日新聞」の記事については、筆者が同紙に取材し、同記事の内容が直接取材ではないこと。また、直接取材したように書いて、どこが悪い、との応対を受けた経緯を報告した。大報道が始まるタイミングで、読売サイトから姿を消した記者が自紙に書けないため、毎日新聞が掲載した、との見方もできるが。

 さて、記事の終盤に、朝日新聞記者は同席していなかった、とする朝日新聞記事(20日)に触れ、池上氏はこう記しておられる。云く、「飲酒について質問しなかったのは、「日本の新聞の15日付朝刊締め切りが迫っており、質問はG7の内容に集中したからだそうです」と。いわば、会見の原映像の通り、中川氏が受け答えしていたから、約35分余りの時間の中でも、「質問はG7の内容に集中」(記事)できたのではないか。池上氏は原映像をご覧になっていなかったのか。言葉は悪くて恐縮だが、こうした記事は、論旨が曖昧だ。
----------

記者の責任を問う形で、中川氏の「もうろう会見」を補強

 朝日新聞にしても、唯一、ハッキリしている論旨は、中川昭一氏の議員生命を絶ちたい。メディアが誘導した中川氏の辞任劇をそのまま倒閣につなげたい、とする意図にある。ゆえに、記事の締めくくりに、「中川氏の飲酒癖を知っていながら、大事な会議の前夜に一緒に酒を飲む記者。記者会見前の昼食にワインを注文した中川氏の行動を「確認」しなかった記者。大臣の呂律の回らない様子を問いたださなかった記者たち。記者の行動もまた、読者から厳しく問いただされる時代なのです」と。同行記者に問うようであって、しかし、何で、中川氏を止めなかったのか、と。巧みに、むしろ、中川氏の「もうろう会見」を補強しているのである。

 指桑罵槐(しそうばかい: 桑を指して槐(えんじゅ)を罵(ののし)る)とは、このことかもしれない。延々と、中川氏のバッシング報道は、その姿形を変えながら続いている。中川氏を議員辞職に追い込むまで、執拗な報道は続くのであろう。だが、中川氏に投げつけたブーメランは、必ず投げた当事者の首をめがけて返って行く。中川氏は、間違っても心を弱くしてはならない。
----------

要求は「議員辞職要求」にいたれり

 東京新聞の朝刊紙面には、こうあった。云く、「民主党の鳩山由紀夫幹事長は22日、中川昭一前財務相がバチカン博物館で柵を乗り越えたり、素手で美術品を触ったりした問題について「大臣や政治家というより、人間としてやってはいけない。議員バッジをつける資格があるのか、厳しく問わなければならない」と述べ、議員辞職に値するとの見方を示した」と。続けて云く、「鳩山氏は、福岡県筑紫野市で民主党衆院議員の会合に出席し「日本の政治家がこんなに程度が低いものだという恥をさらした罪は極めて重い」と強調した」とある。こと「議員辞職要求」にいたれり、と謂うべきか。真の「」は、いつまでも、攻撃「ネタ」で騒ぎ立てる。議員まで辞職せよとする鳩山由起夫氏、ひいては民主党にこそ問われるべきではないのか。

20090223016 
東京新聞記事(切り抜き)2月23日朝刊(2面)
-------

 そして、麻生総理への「問責提出」か。これも、メディアを使った「大報道」→「議員辞職」→「総理の任命責任追及」の、「小沢ルーチン」とも指摘すべきお決まりのパターンである。パターンをフローに落としてみると、過去のケースも同じフローに収まることを確認した。その「やり方」は、議論より先に相手の抹消に出る特定国の手法そのものだ。後稿の機会に報告したい。「小沢ルーチン」が機能できなくなるバスターがあれば良い。最大の弱点は、わがままで中身が無いことだ。

20090223018 
東京新聞記事(切り抜き)2月23日朝刊(2面)
----------

■ 主な関連記事:

報道「小沢発言」の闇 2009/02/23
毎日「取材なし記事」に思う 2009/02/21
朝日「バチカンの変」の闇 2009/02/21
毎日「バチカン観光」記事に問う 2009/02/20
朝日毎日「総理追求」の闇 2009/02/19 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18 
----------


【筆者記】

 闇政治、闇法案に奔走する政治家は何10人辞めようとも、日本の損失にはならない。だが、これに真っ向から対峙して来た中川昭一氏は失ってはならない存在だ。賊も認識しているがゆえに、中川氏に執拗な攻撃が続くのである。以上、紙面記事を参照し、小考を報告する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、小稿を新たにアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメント、メッセージをいただき感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------



スポンサーサイト

2009/02/21(土) 23:20:20 [メディア/意見書]

取材しないで書ける毎日新聞

2009022100520090221006
中川前財務相:お騒がせ もうろう会見直後、バチカンで石像触り警報鳴る
【ローマ藤原章生】 ローマで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、ろれつが回らない状態で記者会見に出席し、辞任に追い込まれた中川昭一前財務・金融担当相が、会見直後に訪れたバチカン博物館で陳列品の石像に触れるなどマナーの欠ける行いをしていたことが、同行者らの証言でわかった。中川氏は博物館でも政府代表とは言い難い姿をさらしていた。毎日新聞記事(切り抜き)2月21日夕刊(8面)より参照のため抜粋引用/写真は毎日新聞の同記事より参照のため引用

----------

執拗な中川昭一「報道」

 中川昭一氏の政治生命を絶ちたいのであろう。毎日紙面でも執拗な攻撃が続いている。表題の写真選びも意図的である。内容も、相変わらず、その場に居合わせたかの、「見て来た」ような記事である。云く、「今月14日午後4時(日本時間15日午前0時)すぎ、ローマ中心街のホテルで、眠り込みそうな表情で会見を終えた中川氏は、その足で博物館に向かった。イタリアを去る間際の2時間の「視察」で、当初から予定に組み込まれていた」と。続けて、云く、「財務省職員を伴った中川氏を現地の大使らが案内する形で、一行10人は博物館職員と共に館内を回った。午後4時の閉館時刻を過ぎていたため、一般客はいなかったという」と。

 続けて、云く、「その際、中川氏は館内を好きに歩き回った。触ることを禁じられている石像を2回ほど触り、一度は警報のブザーが鳴った」と。描写が細かい。記事に、「・・という」と出て来てはいるが、論調は新聞と謂うよりは、同紙が得意とするその分野の小説に近い。問題と指摘されている、「見てきたように書く」記事は、同紙の体質に由来するものであろう。同紙面についても、厳正に記録しているが、朝日新聞と同様に、「中川昭一」報道には、文脈に明らかな意図とその背後とのつながりが観える。これについては、あくまでご参考として、後稿の機会に報告したい。
----------

「取材無し」で記事が書ける

 最近、毎日紙面の確認できた1つの傾向は、同紙の場合は、取材をしなくても記事が書けることだ。他紙の情報、記事も、あたかも、自らがその場に居て取材していたように書く。これについて、昨日、同紙に問い合わせた様子を報告する。

筆者: 御紙2月18日付2面の「検証 ローマの2日」と題する記事について、伺いたい。
毎日: その記事が何か。


筆者: これは、御紙がその場で直接取材して書かれた記事か? その場に居合わせたような書き方だが。
毎日: ウチの記者はその場にいなかった。周辺取材というか、中川氏に同行した関係者から聞いた内容を、ウチの記事にしたものと思われる。

筆者: それならば、一般紙面の慣用句として、たとえば、「関係者によれば」、「関係筋によれば」との書き始めから、内容を紹介する形で書くべきではないか。
毎日: ウチの紙面をご覧になれば判ると思うが、ウチはそんな書き方はあまりしない。直接取材しなければ記事を書けないというのか?


筆者: 御紙も新聞ならば、通常の慣用句や表現方法を用いるべきではないか、とお尋ねしているのだが。現状では、直接取材なのか、関係筋による情報なのか、区別がつかない記事に映る。直接取材していないのであれば、その様子を客観的に明示しても良いのではないか。新聞は公器であるべき存在だ。その立場で、内容の事実確認や責任を問われるケースもあるはずだが。
毎日: ウチのやり方について、とやかく言われる筋合いにない。


筆者: その場にいなくても、または、取材しなくても、御紙なら記事にできる。そのやり方に文句を言うなということか? 購読者の1人として伺っているのだが。
毎日: 言いたいことはそれだけか。

-------

 物事のごく基本的な筋道さえ分からなくなっているのだろうか。掘り下げた意地の悪い質問かもしれないが、購読者が淡々と問い合わせすれば、腹立たしく返す。淡々と、こうですよね、と確認の意味で質問しても、相応の答えは返って来ない。毎日新聞のやり方に文句があるのか(要旨)と返す。残念な応対である。
----------

中川昭一氏への執拗な攻撃

 通話を切ろうとする空気が伝わって来たが、問い合わせを続けた。

筆者: 連日の紙面を拝見しているが、中川昭一氏の辞任後にいたっても、執拗に「酩酊会見」に関する記事や、その関連記事が目立つが。明らかに度を超している報道だ。大報道と見ている。そこまで、中川氏を攻撃する理由は何か。
毎日: 一国の大臣が醜態を見せた。それを記事にしているのだが。


筆者: 一国の大臣をあつかうならば、少なくとも明暗両方を客観的に報じるべきだ。そもそも、G7会議で中川氏の職務に瑕疵はあったのか? その問いもなさずに、「酩酊会見」に関する記事を連日掲載する。その中に取材もしていない記事も目立つ。
毎日: ・・・


筆者: 過去に、酩酊状態で会見に臨んだ他国の首長もいる。その様子が世界に配信されたからといって、「辞めろ」との声は上がったのだろうか。100パーセント完璧な人間は存在しない。問うべき職務の内容を問わずして、1つの失態を、いつまで報道し続けるつもりか。
毎日: ご意見として関係者に伝える。


筆者: 御紙が今日(2月20日付)で書いている「バチカン観光」にしても同様だ。行く国々の見学、観光はどのような政治家でも通例ではないか。
毎日: ご意見として関係者に伝える。


筆者: 一連の「大報道」を個の圧殺と認識している。明らかな暴力である。中山成彬氏の事例と同じだ。御紙は「個」に対する暴力の先導役を買い、結果的に、それを利用する政治勢力を幇助していることになるが。
毎日: 幇助とは聞き捨てならない。(「幇助」に敏感に反応)


筆者: 幇助といわずして、何と謂う。
毎日: ご意見として関係者に伝える。

-------

 率直な感想を申し述べれば、この時の反応は、特定国の人物と話す時と同じだ。整然と問いかけても、論旨を理解しようとせず、ヒステリックに返す。好んで行っていることではないが、今後も、他紙と同様に同紙の検証を続ける。
----------

取材をしないで書ける特技

 以下の記事は、表題と同日付の毎日新聞(8面)の記事だ。筆者にとっては、興味深い分野の科学記事だが。

20090221007
毎日新聞記事(切り抜き)2月21日夕刊(8面)
-------

 その内容を拝見すれば、どこかで読んだことがあった。記憶をたどれば、2月18日付の日本経済新聞(16面)に論旨を同じくする記事があった。記事を締め括る神奈川大学助手の談話も同じである。ごく単純に紙面を拝見すれば、日本経済新聞掲載の「3日後」に、若干の手を加えて膨らませた「記事」を、毎日新聞が掲載しているようにも映る。

20090221008
日本経済新聞記事(切り抜き)2月18日夕刊(16面)
-------

 写真(想像図)がカラーになっている。こういう書き方が毎日新聞だ、と返されれば、“主張”になるのかもしれないが。通常は、情報の鮮度も新聞に問われる1つの要素だ。同記事を最新のニュースと読む購読者もおられるのかもしれない。
---------

■ 主な関連記事:

朝日「バチカンの変」の闇 2009/02/21
毎日「バチカン観光」記事に問う 2009/02/20
朝日毎日「総理追求」の闇 2009/02/19 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18 
----------


【筆者記】

 小学校の壁新聞でさえ、それなりの取材をして書く。以上、どこかでご参考としていただければ幸いである。紙面記事を参照し、小考を報告する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、小稿を新たにアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメント、メッセージをいただき感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------




2009/02/20(金) 09:58:24 [メディア/意見書]

止まない中川氏攻撃
毎日紙の低劣記事

20090220001
中川前財務相:会見後バチカン観光 「予定の日程」
 ローマで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後に、ろれつが回らない状態で記者会見して辞任に追い込まれた中川昭一前財務・金融担当相が、14日の会見終了後、同行した財務省幹部や現地大使とともにバチカン市内を約2時間、観光していたことが19日分かった。財務省によると、礼拝堂などバチカンの主要施設を見学したという。毎日新聞記事(切り抜き)2月20日朝刊(2面)より参照のため抜粋引用/写真は毎日新聞の同記事。参照のため引用

----------

「完全抹消」を意図した念押し報道か

 「大報道」の矛先が首相の任命責任に転じるその一方で、中川昭一氏が自ら閣僚を辞任した後も、同氏に対する「個の圧殺」報道が執拗に続いている。徹底的に“ヨレヨレ”のイメージを有権者に植え付けることによって、衆議院議員として中川氏の存在の抹消を謀る。選挙に出馬しても、同氏の顔・名前に、ああ、あの“ヨレヨレ”政治家か、と。有権者が無意識に反応するほどに固定したイメージを植えつけておく。その意図が丸見えだ。議員生命までもを奪おうとするメディアによる大報道、そしてそのメディアを煽り、あるいは攻撃の「具」として使う闇勢力の存在に、この先の危機を感じてならない。

 表題の毎日新聞の記事もその1つであろう。記事下段に記されるローマでの様子も、一昨日(18日)のローマでの経緯を詳細に記す記事も、同行・直接取材ではない。そもそも取材しないで記事を書く。これは毎日新聞の社技と指摘できるが、「どこから」こうした情報を得たかといえば、1つの集団をバイパスしてのことであろうことは推察に難くない。この水面下の情報構造については、後稿、メルマガで指摘するが、そのおぞましい仕組みは、遠くない未来には、ごく一般の日本国民にまでおよぶ。同様の「個の圧殺」もあり得る。その視点から、一連の事件の顛末(てんまつ)をご覧いただき、また、認識いただきたく思う。

20090218012
毎日新聞記事(切り抜き)2月18日朝刊(3面)
-------

 当該の“バチカン観光”について、表題に云く、「記者会見での失態ぶりが世界のメディアで報じられ、日本の経済財政運営に対する国際的な信用を大きく傷つけた直後の行動だけに、新たな批判を呼びそうだ。バチカン観光について、財務省は「中川氏の希望で当初から予定していた日程」と説明している」と。こうした日程は、議員本人の了承は必要とするが、中川氏が決めるものではないだろう。また、バチカン訪問が悪事なのか。場合によっては、バチカンに対する国辱にも通ずる意味合いが窺える毎日紙の記事ではないか。あつかい方が、言葉は悪いがタブロイド、スポーツ紙並である。今さらかもしれないが、毎日新聞の品位が問われて然りであろう。

 そして、云く、「また、G7初日の13日夜に開いた懇親会には財務省幹部に加え、男性記者2人、女性記者2人が出席していたことが判明。懇親会は深夜0時半まで約1時間50分にわたり、中川氏はこの場でジントニックを3、4杯飲んだという。翌日は午前8時15分からG7の2日目の会合が始まった」と。続けて、「中川氏が14日のG7昼食会を途中退席し、ローマ市内のホテルのレストランで食事をとった際には財務省幹部や通訳のほか、前日の懇親会にも参加した女性記者1人が加わっていた」と。これについても、右に同じだ。見て来たように書く。同紙の性癖が露わに出ている。
----------

【筆者記】

 参照のために購入しているが、特に、この毎日、朝日の二紙のメンタリティは、特定国と軌を同じくするものであり、日本人のものではない。斯様な新聞が官公庁、自治体、公的施設に購読されれば、読む側の中には、知らずのうちに洗脳され、同化してしまう人々もいるだろう。多くの新聞、メディアが垂れ流す毒害の恐ろしさは、誤認識の固定化とともに、あらぬメンタリティへの同化にある。以上、誌面記事を参照し、超短稿ながら小考を報告する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、小稿を新たにアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメント、メッセージをいただき感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
---------- 
       





2009/02/18(水) 23:14:57 [近況報告]

中川昭一議員への手紙 

20080404002
中川昭一議員にエールを贈ろう
 中川昭一氏にこれまでの感謝と、エールを込めた書簡を親展で送付しました。普段は公開しませんが、同じくエールを贈られる方の、何らかのご参考としていただければ幸いと思い、小稿に報告します。博士の独り言/写真上は「桜の道にて」(筆者)。写真下は、中川氏の「会見問題」であふれるテレビ番組表。讀賣新聞のテレビ覧(2月18日朝刊)より、参照のため引用(Click拡大)

----------

20090218017 
倒閣報道があふれるテレビ覧
メディアによる「個の圧殺」は続く

----------

■ 中川昭一氏議員宛先

国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館720号室


(以上、中川昭一氏のページより転記)
----------

中川昭一 衆議院議員殿

 謹啓 日本は毅然とあるべきで、次世代の日本を守りたい。この尽きぬ信条から、人権擁護法案、永住外国人への地方参政権付与法案をはじめ、数々の闇法案に反対され、これらを水面下で圧し進める闇政治に対峙して来られた中川昭一議員の活躍に心より感謝しつつ、常日頃から応援しております。

 この度は、激務の最中、議員が疲労困憊され、および風邪による体調不良と対する投薬等がもととなったG7終了後の議員の会見であられたことと拝察しています。その様子を殊更に採り上げ、繰り返し報道したメディアの品位の低さと、それをもとに問責決議案なるものを突きつけ、議員には休む寸暇も与えずに閣僚辞任を迫った野党の手法に、議会政治の危機を感ずる1人です。

 中川議員の財務兼金融担当相としての職務の内容には瑕疵は観られません。しかし、かの会見1つを以って、閣僚としてすべての瑕疵であるかに宣伝し、議員の生い立ちや人格、ひいてはご家族の尊厳までも否定するかの大報道におよぶ有様は、まさに狂態であり、これこそ日本の恥であります。ご存知のことかと思いますが、ロシアの大統領・エリツイン氏(当時)は公の場で泥酔し、米国の大統領・ブッシュ氏(当時)は晩餐会の席で嘔吐して崩れ落ちた様子が世界に配信されました。その時に、辞任せよとの声は誰も上げなかった。当時のメディアもまた然りでありました。

 100パーセント完璧な人間は存在しません。誰にでも状態が悪く、失態に過ぎてしまうかの時はあります。その点、今後ともご留意いただき、今後において議員には、どうか、間違っても心を弱くされる必要はない。むしろ、程度の低すぎるメディアや、敵とみなせば引きずり降ろすことしか知らない族類に愛される方がおかしいのです。大きな勲章がまた1つ増えた。その気概を以って、これからも日本のために、闇政治、闇法案と戦っていただきたくお願いします。

 微力ですが、ブログを通じて、これからも、中川昭一議員にエールを贈り、対する闇政治、闇法案の危険性とそれを推進する政党のおぞましさ、ならびに、メディア報道のからくりと虚構を指弾してまいります。

 中川昭一議員の捲土重来と、益々のご活躍を心よりお祈り申し上げ、感謝と応援のメッセージとさせていただきます。謹白
 
平成21年2月18日

○○○○

神奈川県藤沢市 ○○○○

(以上、概要)
-------

20090218016
書面概要
----------

 中川議員には、上記をカバーレターとして、多数の国思う資料等もお送りしました。国思う心を共有する議員諸賢のご活躍を。以上、書簡を1点報告します。また、メディア特集記事は、メルマガより特集第1回(20日)を報告します。

 ご多忙の中、日々新たにご訪問いただき、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。



平成21年2月18日

博士の独り言
----------



| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。