--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/27(月) 12:05:25 [メディア/意見書]

果てなく続く
繰り返す、局技「捏造報道」

20090427003
TBS情報番組、「縦割り清掃」実は業者に依頼して撮影
 11日に放送されたTBS系の「情報7days ニュースキャスター」で、国と地方の「二重行政の現場」として報道した国道と大阪府道の交差点での清掃作業が、実はTBSが業者に依頼した清掃方法だったことが分かった。国土交通省近畿地方整備局から「事実誤認」と指摘を受けたTBSは、25日の放送で事情を説明し「誤解を与えかねない表現になったことをおわびします」と謝罪した。時事通信Web) 4月27日付記事より参照のため抜粋引用/写真は読売新聞の同旨記事(切り抜き)4月27日朝刊(26面)より参照のため抜粋引用

----------

カラ謝罪と番組捏造の繰り返し

 TBSの局技が止まらないようだ。表題によれば、「問題となったのは、清掃車が府道と国道の交差点にさしかかった際、いったんブラシを上げ、国道をまたいだ後、再び府道を清掃し始めた場面。作業員が「国道と府道は違うからブラシを上げないといけない」と語る姿が放送された」(読売紙面)と。これが、清掃業務における、「国と地方の「二重行政の無駄」}(同)を演出した、部分と指摘される箇所である。続けて云く、「府や整備局によると、作業効率上、交差点でも清掃を中断することはない。しかし、業者は取材班から要請され、府鳳土木事務所(堺市)に問い合わせたうえで協力したという」とある。

20090427002
時事通信Web) 4月26日付記事
-------

 また云く、「TBS広報部は「国が管轄する交差点では本来、ブラシを上げるものだと思い込み、業者に依頼をした。勘違いであり、やらせではない」としている」とある。だが、指摘が事実とすれば、知らないで取材していた、との“釈明”に矛盾がありはしないか。まして、報道清掃業者に動作を指定すること。また、その動作を録画して、情報番組に挿入すること自体が、番組のテーマとする「二重行政の無駄」を印象づけようとする「指示」ではなかったか。

 この様子を記す産経紙面には、云く、「国道が通る交差点は国が掃除することになっているという」などとナレーションをして二重行政の無駄を指摘した」とある。ナレーションを入れて強調するとあれば、視聴者に「誤解」を与えるために、わざわざ業者に依頼して、「国と地方の「二重行政の無駄」}(表題)を演出した、と認識すれば、事の次第が判りやすくなる。同局にありがちな制作パターン」でないか。的外れな、内容無き「空謝罪」と番組「捏造」。この「空謝罪」と「捏造」のサイクルは、あたかも、ドブ川のように、留まるところを知らないようだ。

20090427001
産経新聞記事(切り抜き)4月27日朝刊(20面)
----------

メディア荒廃の要因

 このTBSを含め、朝日、毎日の両紙すでに捏造報道の特等席にあり、論外とするにしても、これらメディアの荒廃は、今や、伝染病のように、NHKをはじめ、各局、各紙におよぶかの動静にある。これまで指摘させていただいたことだが、これら各局、各紙すべてに、共通して関わりが深い存在を知れば、メディア荒廃の要因の一端を知ることが出来よう。
----------

■ 主な関連記事:

創価「北海道新聞も」か2 2009/04/20 
TBSに賠償命令 2009/04/15 

----------

【筆者記】

 テレビ番組は、一般紙面の記事と同様に、一度に、数十万、数百万の視聴者、読者が目にするものだ。否、新聞より影響力は大きい。そこに、印象操作や捏造があるとすれば、それだけ多くの人々に、誤った情報が植えつけられることになる。たとえば、詐欺行為で、それほど大勢を騙せば、相応の罪科が個人に科せられるだろう。だが、メディアには問われないのだろうか。以上、紙面記事を参照し、雑感ながら短稿を報告する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、小稿を新たにアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメント、メッセージをいただき感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。

スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。