--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/11/07(水) 08:01:00 [読者便り]

 

◆◆◆ 読者投稿 「9月20日」

 【読者】 言葉にならないほど、姑息な野田政権。尖閣諸島への領海侵入や反日デモで揺れる中で「人権侵害救済機関設置法案」の閣議決定するとは、いかにも確信犯といえる野田首相です。 どこを見渡しても、本当に国思う議員はごく一部にすぎないことを悲願しながらも、希望は捨てていません。

 議員がだめなら、我々日本国民がいる。 これが最後の手段であるかと思います。 たとえ、私が死しても次世代がある。日本国民のそれぞれの子々孫々のためなら、武闘兵と一戦交え、天に帰り先人たちと語り合うのも楽しいものだと。。。 女性と子供は何よりも優先して護ります。失望はしても絶望はしておりません。
-----

 【博士の独り言】 ご投稿を有難うございます。「議員がだめなら、我々日本国民がいる」とのお言葉胸に沁み入りました。悲愴感によるものでは決してなく、日本男児の胆力と拝します。人権侵害救済法案に関しては、心ある良識のみなさまと共に、敷島人の智恵と勇気を以って、後の事は天命に委ねつつ人事を尽してまいります。宜しくご協力のほどお願いいたします。

メルマガ「博士の独り言」 平成24年9月23-24日号より
----------

■ メルマガ『博士の独り言』 登録窓口 (登録・受信無料)

 http://www.mag2.com/m/0001088522.html
----------

日本は毅然とあれ!  

20121107003  
路傍にて(筆者)
----------

スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。