FC2ブログ

2008/03/12(水) 21:18:59 [公明党(創価学会)]

 

 
メンタリティを共有する「売り手」と「買い手」

20080312003
<参政権>李大統領 日本側要人に重ねて要請>
「早期付与」協力を 公明党代表との会談でも
 民団が1994年以後、最重要課題のひとつとし組織力量を傾注してきた地方参政権獲得運動について、先月25日に正式に発足した李明博政府は積極的に支援することを表明している。のみならず、李明博大統領自らが、日本側要人との会談を通じて、韓日新関係の構築とともに「地方参政権の早期付与」に強い期待感を示している。

-------
 李大統領は10日、青瓦台で公明党の太田昭宏代表と会談し、「公明党が韓日関係改善に積極的な役割を果していることに感謝する」と表明、在日同胞をはじめとする永住外国人への地方選挙権付与について「開かれた心で、ぜひ前進に向けて協力をお願いしたい」と要望した。 これに対し、太田代表は「現在関連法案を国会に提出している。共生、分権、人権の三つの原理から、ぜひ実現しなければならない」と応じた。太田代表は9日から11日までの日程で韓国を訪問。柳明桓外交通商部長官ら政府高官、国会議員とも会談し、未来志向の韓日新関係の構築に関して話し合った。民団新聞 3月12日付記事より参照のため抜粋引用/写真は「「参政権」必ず取る 民団「3・1」集会で決議」。民団新聞 3月12日付記事より参照のため引用。
----------

公明党に期待する李明博大統領

 ネットに取り組む時間が乏しい。これが最近の悩みの1つである。表題は有志読者から教えていただいた記事情報だ、感謝する。太田昭宏氏(公明党代表)による訪韓(3月9日~11日)については、「お膝もと」の公明新聞(3月12日付)が詳しく記している。

 同紙の『公明党訪韓団 日韓交流の拡大で成果』と題する記事は、云く、『公明党に対して、李大統領は「以前より公明党の政策や理念には好印象を持っていた。これから公明党が韓日関係の前面に立って活躍してもらいたい」と大きな期待を寄せた』と。また、『4月の訪日の成功を含めて、公明党が「シャトル外交」の橋渡し役、そして両国関係の進展のリード役を果たしていきたい』と記事を括(くく)っている。読者がよくご存知の通り、公明党は親韓(屈中)政党である。

 同時に、公明党は「反日政党」である。その母体・創価学会(韓国 SGI)による竹島を韓国領と叫ぶ大集会(「週刊文春(2005年5月26日号)」にて山村明義氏が執筆)について、先稿に紹介したが、この一事に集約されている通り、公明党(創価学会)とは、韓国を「兄」と呼び、大恩ある国と礼賛して憚(はばか)らない。その一方では、同国による日本への主権侵害、毀損に対しては「何ひとつ」言わない。その政党が「政府与党」を語って「御用」を聞きに来るとあれば、韓国にとっては、実に、使い勝手が良い「政党」なのである。

 韓国と創価学会(公明党)のメンタリティはよく似通っている、と謂うよりは、共通している、と指摘した方が早い。同じメンタリティに立つ「売り手(売国側)」と「買い手(収奪側)」が組すれば、“商談”はとんとん拍子で進むだろう。これは極端かもしれないが、支持率にしてわずか「4%前後」とみられる同党だが、もしも、公明党が真に政権政党となるような間違いがあれば、地図における日本領土は次第に支那(「中国」の敬称)、韓国の領土色に塗り替えられ、日本を示す領域はかなり狭(せば)まるのではないか、と揶揄(やゆ)する声が以前からあった。

 特定国に組する売国勢力を野放しにしてしまえば、日本は真底危うくなる、との喩えだが、その先鋒を行く存在が公明党(創価学会)である。
----------

「地方参政権付与」を誓う

 太田氏との会談でも、『李大統領からは、永住外国人への地方選挙権付与について、「在日の韓国同胞の長年にわたる強い要望だ。前進に向け協力をお願いしたい」と要請を受けた。太田代表は「共生、人権、分権の三つの原則から実現しなければならない」と応じ、前進に努力する考えを伝えた』(公明新聞)とある。先の小沢一郎氏(民主党代表)、菅直人氏(同副代表)との会談と同様に、ここでも、李明博氏は、日本への内政干渉と指摘できる「要請」を重ねている。

 これを受けて太田氏も「はい、はい」と二つ返事で返している。在日韓国人に対する「地方参政権付与」については、「保守派」といわれる李大統領とは主義主張が異なる金大中氏(前大統領)の時代に公明党(創価学会)が実現を約束した事項だが、李大統領の代となっても「要請」を重ね、公明党も実現に向けた「変わらぬ」誓いを立てている、ということは、韓国は大統領の名前が変わったのみで、“親日”的な存在を謳いながらも、同国の反日性も本質的にはさほど変わっていないのではないか。その様子を随所に垣間見ることができる。

 同国が不法占拠を続ける竹島について議論を迎え容れる気配はない。また、国策として断行している親日派とみた自国民からの財産没収事業についても、中止を検討する議論さえない。要は、“親日”を装うリップサービスだけが加わったのみ。そう認識すれば、事の次第が判りやすくなる。韓国は油断ならぬ相手だが、一方の公明党(創価学会)は、むしろ、政界を篭絡して「油断させる」。そうした役割を担う存在と認識してよい。頼まれて「公明党」に一票を投じる。それは「売国」を手助けするに等しい。頼まれても同党には投票しないことだ。
----------

「共生」幻想と韓国のアリバイ政策

 読者の多くがお気づきの通り、公明党(創価学会)の実質的な「国籍」は「日本」ではない。また、同党や一部政治家が謳う「共生」とは、日本が主権国家としての国内の政策、国民の「安全と生命と財産を守る」施策を、政治が十二分に施行できるようになって、はじめて耳を傾けることも可能にもなる性質の議論である。自国民すら満足に守れない現今に、こうした他国民への「権利」の付与や主権の割譲が重なれば、まさに、日本を歪める危機を増長する。その元凶となりかねないのである。

 確かに、韓国では、同国から参政権を付与された外国人は存在している。台湾人が6511人、日本人51人、アメリカ人8人、その他11人である(2006年度)とある。しかし、合計しても6681人。同国の参政権付与は、年間所得が韓国人の4倍以上とするなど、としている。限定条件が極めて厳しいである。その内の「日本人51人」に付与しているからとはいえ、それを「韓国ではすでに外国人に参政権を付与している」(要旨)と、あたかも交換条件のように提示し、アピールしている。

 “交換条件”であるとすれば、少なくとも「等価」であるべきだが、「日本人51人」の韓国内の“実績”と、50万人、60万人とも指摘される日本在住の韓国人に対し、無条件に参政権を付与せよとする要求との間には、数値でも実に1万倍以上にならんとする「アンバランス」が存在している。あえて指摘すれば、外国人に参政権を付与した韓国の施策は、韓国民の主張を他国で正当化せんとする、アリバイ施策に過ぎないと謂える。公明党(創価学会)と共に、日本の政治外交から淘汰・放逐すべき小国のレトリックである。
----------

■ 主な関連記事:

創価「韓国に大恩」か  

創価「売国奴」か
----------

【筆者記】

  向こう数年、海外では創価学会を「カルト認定」、またはそれに準ずる国家認識を持つ国がさらに増え続けるであろう。特に、欧米でその動きが顕著になる兆候がある。楽しみにご覧いただきたい。現今、闇の諸法案をこぞって推進するこの集団が、日本でこそ先ず「カルト」認定されるべきであった、と。そう思うのは筆者だけであろうか。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。昨今、売国事例と呼ぶべきさまざまな事件、不祥事が露呈していますが、良識の力によってこれらを今周知・打開し、未来の教訓とすべき「日本復刻」への確かな前兆と筆者は観ています。先ず膿を出し切って、病を治す。これもまた自明の道と思います。力を合わせて頑張りましょう。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。 

Comment

 外国人参政権
 この面での先駆であるオランダでは、外国人に地方参政権を与えたためにある自治体では収拾がつかなくなり政府も手が出せない状態でした。今はどうなったのか。
 頭の中だけの理想論よりも現実を真剣に考えるべきです。反日民族に選挙権など与えてはならないことは明白です。要求するほうもどうかしていると思うが朝鮮人だからこんなことは平気でしょう。

    朝鮮人に参政権付与
        ↓
朝鮮人の朝鮮人による朝鮮人のための政治開始
        ↓
       日本崩壊


日本は戦争せずには朝鮮人に乗っ取られましたとさ、チャンチャン♪

これだけ表の顔と裏の本音が異なる隣国も珍しいですね。
現在の国際社会の中にあって、あらゆる社会問題で裏切りを見せられながら、この国のみに優位性を持たせる政治的な意味が見出せません。

そして公明党は影で日本人に対しては粘着質且つ陰湿な犯罪を繰り返しながら、隣国には盲目従順状態とは、一体この政党が根を持つ国家とは、本当に何処の国のものを指しているのでしょうか。
日本と言う国家体制は日本人が守るべきではと、改めて思いが募りますね。

これが与党の一翼なのか…。
『内政干渉だ!』と言うべき所なのに『ぜひ実現』とは何事か。法案提出ももっての外の話で、一刻も早い連立解消を望むばかりです。

また、李大統領の度重なる「要請」は図々しい限りで、実に腹立たしい状況です。来月の来日時にも何を言い出すことやら。来て欲しくないですね。

ところで、拍手が『妨害』されていないでしょうか?アクセス禁止になっています。

外国人に参政権を与えた国の悲劇
オランダが外国人に参政権を与えてどうなってしまったか、

外国人が享受するメリットより日本人や日本の文化が背負うリスクを広く伝えましょう。
「共生」でなくて「寄生」です
韓国人にとって「他人の家に土足で上がる」というような無礼千万の行為も何ら気にしないのでしょう。創価学会も選挙のときだけ、しつこく公明党選出候補に票をいれるよう、電話したり、訪問して来る、あの鈍感非礼な感覚と行為は同じです。

池田大作氏自身が北朝鮮帰化人であるし、李明博大統領 も大阪生まれ。彼等に共通することは、日本と韓国とは異なる法治国家であると言う認識が欠けていることだと思います。

創価は「カルト」ですから、そもそも狂った集団です。その狂った集団が作っている公明党と連立を組む自民党が良識の府として信頼できない現実に戸惑う昨今です。(一部の良識ある自民党議員は別ですが・・・)

一方、小沢一郎氏率いる民主党も寄り合い所帯。なんだかつかみどころがない。小沢氏の現在の目的は日本の将来を見据えた政策より、与党政権を手中にする策略ばかりに集中しているように感じられる。それが自公連立破壊になれば、それはそれですばらしい。っと思うのであるが、日本の政治が混迷すればするほど、韓国人新大統領の思う壺であろう。そうなれば、誰が被害を被るか?日本国家と国民である。
非合法政治団体
未だに何故この公明党が合法な政治団体として存在するのか、不思議でなりません。 創価学会と公明党は公明党の発足当時からの経過、現在も続く親密な関係、両組織幹部の密会も報道管制されているようで、国民には知らされていないですね。 憲法の政教分離禁止に照らして、明らかに違憲行為を犯しています。
「靖国 YASUKUNI」の映画
博士、お疲れ様です。
反日映画『靖国YASUKUNI』の反日性に疑問を抱いた一部国会議員の要請で試写会が開かれたようです。良いことだと思うのですが、以前の反日映画でも文化庁がみたものと、実際に一般に公開されたものでは内容が変わっていたとの発言を聞いたことがありますし、、編集という名目で議員向けのものと世界発信するものとでは、かなり受ける印象の違うものにすることが可能ではないかと危惧しています。なんといっても確信犯ですから。
ムカシの地図発見
大東亜共栄圏時代の日本地図を見ました。
い~じゃん。
このほうがい~んじゃない。
朝鮮半島人も、こ~なりたいんじゃないの。
これなら、シノゴノ、被害者ヅラ、出来ないでしょう。
皆さんも見てみたら・・・。
眼からウロコですよ。
満州も裕福で良かったって、婆ちゃん云ってたし。
朝鮮の京城大は、名門だったらしいし。
婆ちゃんは、大連高女のとき、セレブ遊びしてたって・・・。
ホント、い~とこまでいってたんだ、ムカシは・・・。
こ~ゆ~こと教えなさいよ、学校で・・・。




創価学会の皆様は、朝鮮人が多いのでは。特に冬柴大臣など奉天生まれ。
大二次世界大戦の混乱時に、日本人に成りすましたとは考えられないだろうか。
創価学会の影響の強いところは、戦争で焼けたたところが多い。とにかく抹殺がおきて隣近所もわからない混乱の中から生まれた売国国民だ。
古い隣近所が誰かわかるところでは、彼等が活動しにくい。
新興住宅地に入り込み、町内会長や民生委員になって、地区の有力者になりたがるのも、彼らの行動パターンだ。
厄介な隣人は即刻国外退去願いたい。
創価学会の犯罪
http://blogs.yahoo.co.jp/keen8332
仮泊(創価学会人体実験)
私は、もともと「仮泊」というblogをyahooでしていました。創価学会が、お気に入りに入れてファン登録し、近づいて来ました。嫌がらせは、コメントだけではありません。自分のblogにトラックバックも送れ無い状態です。メールは全て削除され、ゲストブックには男性性器5、死体5、其の他人形15の写真が貼り付けられました。そして、或る日blogは解約されました。盗撮盗聴、クラッキング、ハッキングによるパスワード窃盗以外、解約する方法はありません。それから数日後、PCは壊されてしまいました。3台目のPCへの侵入です。
私は、株取引をしていましたが、ちょうど値上がりした時期に必ずPCをめちゃくちゃにします。株の税金の申告もありましたので、すぐにPCを買いました。しかし、電気屋が取り付けている最中に、クラッキングされ、トロイの木馬を入れられました。今はもう買ったときの状態ではありません。接続もやられています。
NTTに二度も来てもらいました。その日、電話の線を切られてしまい、電気屋さんからの電話も来ず、NTTの方も速度検査が出来ませんでした。PCの画面はめちゃくちゃにされています。仮泊(創価学会人体実験)は記事の全てが非公開になっています。私は公開の設定にしています。4つのblogの中でyahooが一番ひどい被害に遭っています。
http://blog.goo.ne.jp/express6502
http://33343811.at.webry.info/
http://haru41.jugem.jp
創価学会は10年私をストーカーし、全てのパスワードを盗み、お金、物、書類、郵便物、山ほど盗んでいます。全てのblogで記事を非公開にされています。私は一日に記事を3から8くらい書いています。証拠はたくさん取っています。NET犯罪は創価学会が全て関与しています。パスワードを盗撮盗聴で盗まれたら、誰も生きられません。創価学会は日本国民全員の個人情報を集めています。blogの監視をお願いします。
警視庁と、東京公安に送った文書です。米子警察に行ったら、鳥取のサイバー警察に電話しなさいと言い、鳥取サイバーテロに電話したら、又米子に言えと言います。米子の生活安全課の人は、僕はPCの事はぜんぜん分からないと言っていました。分からない人が、どうやって捜査するんでしょう。サイバー警察も、生活安全課も、一人の要員も要りません。10年間創価学会にストーカーされている人間は、生きられません。私は、死んでも闘いますが・・・

前にも石井一さんに出したメールが全部帰ってきました。創価学会の不正なPCへの侵入によります。また、民主党にgoo返信に来た
創価学会からの嫌がらせコメントを送りましたとき、メールマガジンの配信を頼みました。一度も来ません。私は、メールを削除されているだけではなく、大量の郵便物を紛失しております。創価学会の事を書いたものです。出版社に出したものは、本の依頼も同時にしていましたが、全部なくなりました。株の配当の書類も遅配によって、配当金を受け取る事が出来ませんでした。創価学会の犯罪です。こういう被害者は全国にいます。創価学会の不正を暴くために、博士は頑張っておられます。私は証拠が山ほどありますが、警察の怠慢な対応によって,無意味なものになっています。

人権擁護法案には反対です。言論統制は、創価学会公明党を喜ばせるだけです。ただ、公明党も、創価学会も弱体化していると思っています。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
民主党・辻元議員支援へ  民主党が辻本議員の本格的な支援のため、候補者を立てないことを決定したようです。  朝日新聞より転電です。 引用元:朝日新聞 =========================================================================== 民主が辻元氏支援へ 大阪10区で候補擁立せず 2008...
反日は続くよ♪どこまでも~~ 在日参政権・人権擁護法案絶対反対! こんな民族に在日参政権を与えていいのか?? 抗日「不屈の抗争」体験場オープン Newsis3月12日 \'不屈の抗争\' など体験展示場が新しく出来ました。独立記念館は自主独立の意志を堂々と明らかにして立てた 独立門 縮小模型?...
いわゆる日本を抹殺する人権擁護法案? 私は参加しなかったのですが、所謂「人権擁護法案」再提出に対する要請受付国民集会の動画です。登壇された方は、どなたも素晴らしいお話しですが、印象に残った映像に感想を添えていきます。また、沢山、動画があるので二つの記事に別けます。 3.10人権擁護法案反対集...
福田は駄目だ!?人権擁護法案1 福田の駄目っぷりは異常だ。人権擁護法案などというものもある。これは勉強中でまだ良く分からないが、右系のブログが散々に叩いているので、同じ右である当方も「恐らく」反対だ。 なぜその段階で書くかと言うと、 道路予算の目くらまし として人権擁護法、在日に参政...