FC2ブログ

2008/03/26(水) 13:39:17 [明るいニュース]

 

 
誇れる日本の職人気質

20080326002
埼玉の世界一砲丸作り職人 「北京五輪提供しない」 
  中国チベット自治区の騒乱の影響で、一部で北京五輪へのボイコットが叫ばれているが、日本の砲丸作り職人が北京五輪への砲丸の提供を断っていたことが分かった。3大会連続で男子砲丸投げのメダルを「独占」、世界一ともいわれる職人だ。きっかけは、2004年に中国で行われたサッカー・アジア杯での中国サポーターのマナーの悪さや反日デモ。「こんな国に大事なものを送るわけには行かない」というのだ。J-CAST NEWS 3月25日付記事より参照のため引用/写真は「辻谷工業のホームページ。参照のため引用
----------

北京五輪での使用を断る

 おそらく有志ブログの多くがあつかわれているテーマかと思う。表題記事については、読者の多くから教えていただいた情報だ、感謝する。重心が安定しており、世界でトップレベルにある選手たちがこぞって使用しているという、辻谷政久氏(辻谷工業社長)制作の「砲丸」だが、北京五輪での使用を自ら断ったとの一報である。まさに、誇るべき日本の職人気質と感銘し、また、敬意を捧げ、小稿からも紹介したい。
----------

誇れる日本の職人気質

 北京五輪での使用を断った理由について、辻谷氏は、J-CAST NEWSに対し、『2004年に中国重慶で行われた、サッカー・アジア杯での中国サポーターの試合中の罵声・ブーイングや試合後の暴動、その後の反日デモで在中日本大使館に投石行為が行われたことを挙げて、「この国には大事なものを送ることはできないと思い、去年(07年)の11月に(オファーを)断りました」』(表題)とある。まさに、職人が精魂込めて作り上げる品は、単なる「品物」や「モノ」ではなく、自らの「分身」であり、「形見」であると謂ってよい。その分身を危険な国へ、まして、競技が無事に行われる確証がない所へ送り出すわけには行かない。若輩ながら、しかし、この信条のゆえかと拝察する次第である。

 また、砲丸の提供を断った後の今の辻谷氏の感慨も紹介されている。云く、『ギョウザの問題やチベットの問題以前に決めていたんですが、最近のニュースを見ても送らなくてよかったなと思います。やっぱりこの国にオリンピックをやる資格はありませんよ。(砲丸を使用する)選手には申し訳ないと思いますが、職人の心意気がありますから、何でも送って有名になればいいというものではないんです。真心かけた大事なものですから』(同)と。率直な言葉である。「この国にオリンピックをやる資格はありませんよ」と。粉飾や利権にまみれた一部の識者、政治家には、とても「言える」ことではない。

 日本の職人気質とは、「こういうものだ」と。その一端を明快に教えてくれる記事ではないか。辻谷政久氏の益々のご健勝とご活躍を願う1人である。短稿にて。
----------

■ 主な関連記事:

「長野聖火リレー」一考 
----------

【筆者記】

 思い出すよく似た話がある。少年の頃から「和菓子」に興味があった。幼い目に、彼岸に供えられた「落雁(らくがん)」が、ふと目に留まってからである。限られた素朴な材料から、職人の手で何種類、何十種類もの和菓子が作り出される。季節や行事に合わせ、そのバリエーションはさらに広がる。ある意味で「機微」を大切にし、また、ある意味で奥が深い。その奥深さはいったい何なのだろうか、と。

 是非、学びたい。その思いから、不器用ながら、夏休みなどに和菓子屋でアルバイトさせてもらったことがあった。早朝の下仕事をさせてもらいながら、横目で垣間見る職場は、何人もの職人がいながら、必要な「指示」以外は、話し声ひとつ聞えて来ない峻厳な「場」であった。各位がそれぞれの持ち場に集中しているためか。その神聖とも謂える空気の中で、次々と菓子が作り出されて並んでいく。色形にせよ、重さにせよ、機械で測ったかのような精密さが感じられた。

 たまたま、盂蘭盆の注文が入ったある午後のこと。「いえ、うちの和菓子は売れません」と。凛(りん)として断る店主の声が聞えて来た。もし、売れば大量に品が出て、店の利益になるはずだが。店主は、その(発注者である)暴力的な団体について、出入りする常連客や業者から評判を聞いていたようだ。「うちの和菓子を大切に思ってくれる人にしか売らない。わが子を送り出すのと同じだからな」と。この店主の気質と品格に、かけがえの無い教訓を得た思いがした。

 外務省などの研修に、日本の職人「弟子入りコース」を設けてみてはどうか。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。昨今、売国事例と呼ぶべきさまざまな事件、不祥事が露呈していますが、良識の力によってこれらを今周知・打開し、未来の教訓とすべき「日本復刻」への確かな前兆と筆者は観ています。先ず膿を出し切って、病を治す。これもまた自明の道と思います。力を合わせて頑張りましょう。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。 



Comment

あらゆるものに通じて言えることだと思います。
辻谷氏が砲丸に寄せる思いを私たち日本人はあらゆるものにたいして考えなければならないのではないでしょうか?
多くの日本人が積み重ねてきた技を安売りしてはいけませんね。
世界の財産となった日本の技術も少なくありませんが、キチガイに刃物という言葉もあります。
持たせる人を間違えたら大変なことになります。
尊敬に値する職人気質
日本の物作り技術は、大企業ではなくて、中小企業の職人さんたちが長年の熟練で積み上げた匠の技なくして存在しない。

手の感触で千分の一ミリでもかぎ分ける技は、高度な宇宙探査技術さえ依存しているものがある。

この会社の社長さんの心意気に感服する。これぞ元来の日本精神である。ある面、武士道にも通じる。

銀行の窓口で待っていたら、日本ペンクラブが中国のチベット弾圧と北京オリンピックに関し、声明を表明と共同通信提供の電光掲示板に流れた。詳しい内容はまだ不明である。フランスのサルコジ大統領が北京オリンピックに関し、ボイコットを含めたあらゆる選択肢を排除しないと発表。イタリアに於いても国民の90%以上がボイコットに賛成との情報である。英国チャールズ王子も開催式出席拒否をしている。

このような中に、米国ブッシュ大統領は、抜き差しならないイラク情勢の泥沼から出られず、米軍兵士の死者も4000人を越えている。また不動産プライムレートの破綻から、国内経済の悪化を、中国がアメリカの政府系ボンドなど多額購入で支えている部分があり、政治とオリンピックは別であり、開会式に出席と発表。米国のずるい、ご都合主義を
感じる。いや、これはブッシュ独特のものかも!

日本はと言うとまだ明確には発表はない。しかし、明確にすべきは天皇陛下他皇室方の出席は断固するべきではないと考える。中国の狙いは、まさに世界のVIPを招き、大中華思想の誇示以外の何物でないからである。

まだまだこれから欧州を中心にボイコットの高波が訪れる可能性が大きい。ソ連がオリンピックで世界のボイコットを受けて衰退を辿ったことを思えば、ボイコットも悪くはないなーと思う次第。

真っ直ぐで真っ当。気高い!感動しました。

腹が立つニュースばかりの中、背筋が伸びる思いがします。
もっと、多くの人に、こういう話を、知ってもらいたい。
チベット人頑張れ
中国は、日本が侵略したの、過去の歴史を反省して無い、中国人の感情を無視したの、と事あるごとに言うくせに、チベットを武力で侵略して占領し、チベット人の自由を奪いチベット語をしゃべるな、ダライラマの写真を張な、と強制しておいて、外部の批判を内政干渉とはよく言うよ、言う事とやることが真逆なのが共産主義者だが、そんな国へ魂を込めた自分の分身を出すわけにはいかないと、決断した職人魂を持った日本人が居ることに驚くと共に感動した、双方に自制を、なんて真実を見ようとせず、愚にも付かないセリフしか言えない腑抜け政治屋に爪の垢でも飲ませたい。
企業の品格を問う北京オリンピック
いつもお疲れ様です。

企業は社会の寛容の上に成り立っているものでありながら、己の利潤の追求にだけ眼を血走らせ、国益よりも社益とばかりに節操のない日中友好企業の多い中、砲丸の提供を断固として断った企業は賞賛に値しますね。
それに引き換え、チベット問題が国際的な議論を沸騰させている今、今朝の新聞朝刊に1ページ分の「北京オリンピックと上海便」の全面広告を打った『JAL』と、これを企画製作した広告代理店の恥知らずな企業体質は、これからも続いていくのでしょう。
明治維新も満州事変も、実はそこに企業の利潤追求の目的があったことを考えれば当たり前のことなのかもしれませんね。
しかし国益を伴わない社益など、売国行為そのものではありませんか。
我国の政局だけに奔走する亡国の政治家どもと、やっていることは同じですね。

シナの工作員に何らかの危害が加えられないか心配。上田県知事は埼玉県警に警備強化を指示すべきではないか
中国の走狗か、総理は
てやんでぃー
こちとらぁ、江戸っ子だい、じゃねぇ、武州っ子だぁ、がまぁいいじゃねぇか
これが職人の気風ってもんだ
北京なんざ、おとといこいってんだ

それに引き換え、福田総理の国会でのチベットに関する質疑聞きましたか。
禅問答するために総理になったのか! 恕”
触らぬ神にたたりなし、中国怖くてもの言えぬ
私、そう聞き取りました、これがわが国総理です、腑抜けです。
あんたは、自由と人権が保障されてる民主国家の首相だぞ、だめだこりゃ。
国会も行き詰まっていますし、こんな総理では日本が溶けていきます。
明日とは謂わず、今日にも辞めてもらってシャッポ変えよう。
ついでに、金魚の糞も長くなりすぎたから切り離しましょうw

久しぶりにすっきりしました。首相などの何ともいえない、同じ日本人として恥じるしかない言動とちがって、素晴らしい。
ネットで教えられる日本人の気概
平成の治安維持法は、戸井田衆議院議員とジャーナリストの水間政憲氏の連携による「要請受付国民集会」の成功の影響か、推進派は「ユニバーサル法」と名称を変えて成立を目指して来ました。チベット虐殺問題で「毒餃子事件」がどこかに行ってしまいした。ところが今日(3月26日発売)、中国食品にトドメを刺す「警告スクープ」を、水間政憲氏が『SAPIO』に発表しています。主婦からすると大スクープですが、マスメディアはまた無視することでしょうね。タイトルは「中国食材入りベビーフードから高濃度『鉛』を検出した!」です。このレポートが国民が知ることになると、中国食品の輸入が激減するでしょう。水間氏のレポートは、衝撃的であり日本を守る仁王のような方ですね。私の拙い書き込みですが、どうぞ御自由に拡散して下さい。
拡散して下さい
チベット虐殺問題の陰に隠れてしまいましたが、中国毒食品問題で水間政憲氏が『SAPIO』(3月26日発売)に、「警告スクープ」を発表しています。また、「平成の治安維持法」のようにマスメディアは無視することでしょう。タイトルは「中国食材入りベビーフードから高濃度『鉛』を検出した!」です。内容は衝撃的であり、国民が知ることになれば加工食材の原産国表示が一気に加速して、中国食品の輸入は激減するでしょう。中国には実害を与えることが一番効くことでしょう。拙い書き込みですが、どうぞ御自由に使って下さい。
大切な思い
丹精を込めて仕事をすると、その成果に自身の気概が乗り移るのでしょう。真面目に仕事に取り組むほど、その仕事によって喜ぶ人の顔が見えてくるものだと思います。
転じて、多くの政治家や官僚の仕事の先には人が不在なのです。それを、思い出させてくれるとても大切な思いと言葉ですね。
Good Job !!
たいへん勇気づけられる良いニュースですね。いつも愛読しております。思うのは保守系ブログの皆さんもたまにはこういう明るいニュース、エントリーを載せていただきたい。むろん日本の現在の国難を思えば攻撃的にならざるを得ませんが、ポジティヴな動きを探し出して知らしめるのも大事だと思います。本来愛国運動は明るいものなのですから・・・今朝のサンケイ新聞一面の坂本未明さんのコラムも日本人の生真面目さを賞賛していてたいへん良かったです。
毎日の更新、これからも応援いたします。

日本人は職人を大切にする民族だそうなのでついでに彼らの精神も大切にしたいものです。

いい話ではあるんですが
日本では昔から中間層のみが優れていて
上はだめみたいな

既成事実を補強するような話なので少し複雑です

もう少し政治的に力のある人がこういうこと言ってくれるといいんですけどね
嬉しいですね
日本の職人さんの意地でしょうか。
こういう方々が日本経済の屋台骨を支えているんですね。

恥ずかしながら「辻谷工業」って初めて知りましたが、私もひとつ同社製の『砲丸』でも買って床の間に飾り我が家の家宝にでもしましょうかな。

これを欧米人は、日本人独特の craftsman's spirit と呼ぶそうです。自画自賛も何ですが、こうしたモノづくりに対する日本人の誇れる精神を、さりげなく海外に紹介されたらと思います。国内においても教育現場などで紹介されるといいですね。

久しぶりに職人気質、大和魂を見た気がします。
日本人は、こうでなければ。
拍手を送りたいです。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
中国からの食料品輸入「3割減」 2月の貿易統計 これで輸入が減らなかったら、 日本人の危機感覚が麻痺した証拠だろ。 でも、今回の報道でこれだけ影響が出るって事は、 みんな何となくう...
世界一砲丸提供せず「匠の誇り」 世界一の砲丸造り「辻谷工業」は、さすがに世界一 ! 「世界一の砲丸」提供せず「匠の誇り」 埼玉県富士見市にある『辻谷工業』は素晴らしく「プライドのある会社」だと感動しました。 「中国に、オリンピックをやる資格はありませんよ」と砲丸造りの名工は?...
その心意気は素晴らしい、男だねぇ 中国チベット自治区の騒乱の影響で、一部で北京五輪へのボイコットが 叫ばれているが、日本の砲丸作り職人が北京五輪への砲丸の提供を 断っていたことが分かった。3大会連続で男子砲丸投げのメダルを「独占」、 世界一ともいわれる職人だ。きっかけは、2004年に中国...
日本の敵(内患編PART2) 反日団体・人士を倒すのはいわば対処療法に過ぎない。 日本の腹の中の悪瘡を除去する根本的な対策は日本人を幼いころから「現実を直視する勇気」「周囲の総意に逆らってでも正しいことを実行する勇気」を持つように、怯懦を振り払えるような人になるよう教育し、日本の精...
【北京五輪】”砲丸”名工の心意気【ボイコット】 陸上競技の砲丸投げでは、日本が五輪のメダルを独占してきた。 といっても、選手のことではなく、選手に投げられる砲丸のことである。 残念ながら世界的に見て日本の砲丸投げ競技レベルは低いのだが、 日本人、それも唯一人の名工の手作りによる砲丸が、このところずっと...
中国は、「嘘を100回言えば本当になる・・」と思っている チベット人・ペマ氏・残酷な過去(1/2) チベット人・ペマ氏・残酷な過去(2/2) ペマ氏が、「中国は、嘘を100回言えば本当になる。と思っている」と言っていた。政治カテでも、似たようなことを言っていた方がいたが、これは、もう、政治カテの常識でもあるし、日...
北京五輪をボイコットした初の日本人 北京五輪をボイコットした職人さん 情報通のくさなぎさんから頂いたニュースです。 日本にもこんな気概を持った日本人が居た!と感激です。 この職人さんの爪の垢を煎じて媚中政治家、マスコミに飲ませてやりたい。 J-CASTニュース(2008/3/25) 埼玉の世界一砲丸?...
埼玉の世界一砲丸作り職人 「北京五輪提供しない」  最近は、ドラマでさえ見られないような、日本人の職人気質を見せて頂いた。  埼玉県富士見市にある「辻谷工業」社長の辻谷政久さんのこと...
スポーツと政治 音楽と政治 →日本人が北京五輪をボイコット  しつこいようですが、チベットの話も含みますw  以前、ストイコビッチがアンダーシャツに政治的なメッセージを書いていたのを試合中に見せて問題になった事がある。他にもこういう行動が問題になった事はあるだろう。 「政治とスポーツを結び付けてはいけない」...