FC2ブログ

2008/04/03(木) 16:39:34 [明るいニュース]

 

 
日本の誇れる職人気質

20080403002
fact 真相 ボイコット第1号
 オリンピックは、選手が活躍するだけの場ではない。身にまとうウエア、使う用具を提供するひとびとにとっても、真剣勝負の場である。そんな晴れの舞台であるはずの北京五輪を、ひとりの“職人”が“ボイコット”すると宣言した。埼玉県富士市の辻谷政久さん(75=写真)である。週刊新潮 4月10日号(4月3日号)より参照のため抜粋引用/写真は同記事(グラビアページ)より参照のため引用
----------

清々しい笑顔

 清々しい表情をしておられる。辻谷政久氏(辻谷工業)が、表題(新潮誌面グラビアページ)に紹介されている。北京五輪を指して、淡々と、『やっぱりこの国にオリンピックをやる資格はありませんよ』と語った。その発言については、J-CASTニュース(3月25日付)の一報をもとに、有志ブログの多くがあつかわれ、小ブログでも先稿(3月26日)に紹介させていただいた。その後、産経新聞が「【すごいぞ日本】ファイルI」の中で、3回にわたって、砲丸の真髄を極める辻谷氏を紹介(3月31日~4月2日付)しているので、ご記億に新しいことと思う。

20080403003
小さな町工場で五輪メダルを独占してきた砲丸(手前)
を作る辻谷政久さん
(産経 Web 3月31日付

-------

 表題記事でも、辻谷氏制作の砲丸について紹介している。云く、『砲丸投げで使う砲丸を作って来た。鋳物(いもの)の素材を、辻谷さんがひとつひとつ旋盤(せんばん)で削って仕上げた重さ7.26キロの砲丸は、他社製に比べ1~2メートル飛距離が違うといわれるほどに選手に好評。男子砲丸投げでなんと、アトランタ・シドニー・アテネと3大会連続でメダリスト全員が辻谷さんの砲丸を使っていた(写真の砲丸は同型)』と記している。砲丸に特別な仕かけがあるわけではなく、丁寧に制作され、砲丸の「重心」が安定しているためだ。
----------

切削による制作は辻谷氏だけ

 その砲丸作りの一端を、産経紙(4月1日付)は紹介している。『一度に100個作ります。14工程あるので1週間かかりますね(辻谷氏)』と。さらに、『大切なのは後半の仕上げの工程だ。耳と目と手の感触を総動員して微妙な比重の違いを見分けながら表面を薄く削っていく。研究を重ね、川口の鋳物工場でも体験的に働かせてもらってようやく身につけた技術である。「教えてもほかの人にはできません。経験で覚えなければ」という(同)』と。やはり、技術と経験、五感のすべてを尽くした職人気質。その入り口とも謂えよう。

 日本の優れた職人に共通していること思う。もしも、ぜひ、その技を教えてほしい、等と。安直に尋ねようものなら、たとえば、「その問いは、10年早い」と喝破される。そうした話をよく聞く。それだけ真剣であり、制作に没頭している。職人のその証(あかし)であり、また、物事に正直でなければ、こうした気質はあり得ない。切削による砲丸作りは、辻谷氏独自の技術のようだ。同特集には、辻谷氏の以前のエピソードとして、『外国製の砲丸を取り寄せて2つに割り、中を調べると、空洞があったり、鉛を詰めたりして重さを調節していることが分かった』とある。これでは、辻谷氏の技術には適わないであろう。砲丸を手にとる選手にも、その「違い」が判るはずだ。
----------

何事も時間がかかる

 辻谷氏の砲丸が五輪に初めて採用されたのは1988年(ソウル大会)とのことだ。だが、競技で使った選手は誰もいなかった。次のバルセロナ大会(1992年)で、辻谷氏の砲丸を使った選手が『銀メダル』を獲得。その後、アスリートに評判が広がり、アトランタ大会(1996年)、シドニー大会(2000年)、アテネ大会(2004年)の3大会連続で、メダルの「金」「銀」「銅」すべてを独占、との快挙となった。それまでには相応の歳月と努力を要している。

 言い換えれば、物事を簡単には諦めない。何事も時間と根気が要る。その大切さについても辻谷氏は教えてくれているに等しい、と謂えるのではないか。
----------

「北京はやめました」

 しかし、北京五輪への砲丸の提供をあえて断った。それは4大会制覇という、新たな五輪での実績の積み重ねをも断念する。そのことも意味する。辻谷氏のその決断には、そうした採用、不採用や利害さえも超えた気質と誇りがある、と拝察する次第である。「毅然」としたスタンスは、そこから生まれてくるに違いない。

 清々しい笑顔を拝見し、ここに短稿を申し述べてみたくなった。およばずながらも、数十年後には、この辻谷氏のような表情で生きていたい、誇りを持つ日本人の1人でありたい。そう願って止まないからである。短稿にて。
----------

■ 主な関連記事:

砲丸「北京五輪提供しない」
----------

【筆者記】

 職人気質に通じる日本の学者もいる。辻谷氏のニュースで思い起こしたのは頑固な恩師の存在である。院生時代に、その恩師から贈られた言葉が現在を支えている。ある日、少し不精して手抜きの小論を提出した時のことだった。恩師は、不機嫌そうに筆者の小論文をクシャクシャと丸めて、くずかごに捨てて見せた。

 そして、こんな莫迦な学生を育てた覚えは無いぞ、とばかりに筆者を睨みつけ、こう諭(さと)したのである。「少しは世界に通用する学者になりたければ、孤独に耐え得る力と、100万人をも説得できる論理の力を磨け」と。また、「知識は、その人間としての力量を磨いた上で初めて活(い)きるのだ」と。また、「チャラチャラと知識を披見していい気になるな。1万年早いぞ、お前の態度は」(要旨)と。

 極寒の中で氷水を浴びせられた思いがした。否、5トントラックでバックして来た恩師から、氷の山を身にぶち撒かれたような痛さ、辛さがその時にあった。だが、その言葉は愛弟子への贈り物だったのである。感謝している。その懐かしの地も、桜の開花が間近のようだ。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。昨今、売国事例と呼ぶべきさまざまな事件、不祥事が露呈していますが、良識の力によってこれらを今周知・打開し、未来の教訓とすべき「日本復刻」への確かな前兆と筆者は観ています。先ず膿を出し切って、病を治す。これもまた自明の道と思います。力を合わせて頑張りましょう。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。  
  
 


Comment


砲丸の玉はただの丸い鉄球と思っていました
単純な物の中に深い技術が有る事を
あらためて深く感じ入りました  

チベットの人たちもただ単純に
本来の自由な自国を戻して欲しいだけ

理想ばかり何の結果も出してない
その上クソ難しい共産論なんか入らない

人間はハチやアリでは無い単純な理論です
辻村氏の爪の垢でも煎じて飲め
福田首相
>中国が努力している最中に、参加するとかしないとか言うべきでない
努力している最中にとは、虐殺を手際よくしている最中にってことですかねぇ。
福田にとっては、チベット人の悲鳴など聞こえもしないし、どうなってもよいことなんですね。

>「靖国」上映中止は、「誠に遺憾」だそうです
有村氏の参院内閣委質疑など聞きもしなければ興味もない、そういうことですか。
これがわが国総理大臣です、どこぞの前大統領以下です
チンパン爺と揶揄されるのも、もっともです。
即、辞めてくださせぇ、おだいじんさま

辻谷さんは2004年、アジアサッカーの中国側のマナーの悪さをみて今回の行動に出られたとの事ですが、本当に嘗ての日本人の職人さん気質を見せてくれているようで誇らしく思いました。今の日本政府、福田政権の中国政府に対する対応と見比べても、痛快!、うれしくなりましたね。

そういえば海外では職人さんは「マイスター」として尊敬を受けたりするところもあるそうです。日本では名前だけの「マイスター制度」のようなものはあるようですが、本当に職人さんを大切にしていないと思う事が多々あります。農業から大工他全て専門職、技術者が大切にされないで年をとると扱い・待遇が悪くなる。特に給料で。人材派遣が蔓延る在日業界が目立つ故に余計にそう感じるのかもしれませんが知人の工務店さん達も同じ事を言われていました。

年をとっても技術や精神・プライドは超一級、そんな方は世間にもたくさんおられると思います。多くの技術・プライドを受け継ぎ、次世代に渡していく、そう言った職人さんの代表が今回の辻谷さんだったのではないでしょうか。国を思う心・精神は決して年齢ではない、それを見せてくれた事と共に年だけとって見苦しい老人政治家との対比がまた!。又ネットにより今回の日本の老人のプライドと心意気を多くの若手がきっと受け継いでくれることでしょう。
職人の魂は条理に通ず
ご自身の造られる砲丸の玉にも似た一転の曇も無い清々しい笑顔でいらっしゃいます。
こういう方が居られる限りこの国は大丈夫。なぜなら日本国は古来より工人が支えてきたのですから。

これぞ正しく日本の匠!
まぁ学者も
学者も言葉は適当でないかも知れませんが、職人気質と共通するような人がいますね。ひとことを極めようとすればするほど、探求の領域が広がるものです。

今の学生は教えられることを待って、自ら真理を追い求めて行く姿勢と探究心を持ち合わせていない人が多いようです。
騒がしくなった北京五輪・・
博士の独り言さま

ご無沙汰いたしておりました。相変わらずのご健筆振りに教わる点が多ございます。

辻谷氏に代表される、日本人の職人気質・・改めて尊敬します。日本人の誇りを棄ててまで製品は作らない・・福田首相にもその精神を少しでも受け継いで欲しいけど・・

最近の中国のチベットに対する対応に不満を持っている国の首脳は開会式への欠席を言っております。米国内でも騒がしくなっているようです。最近ではブラジルの大統領も欠席とか・・

日本人の中にも毅然とした人はいると思いますが・・残念ながら国家を代表するクラスには見当たらない事が残念です。
諸悪の根源、福田親子
福田が皇太子を北京オリンピックに訪中させようと画策してた情報には唖然とする。全く以って日本国民への裏切り行為、売国奴そのものだ。
オヤジも、北不審船が日本海側に度々潜入し行方不明者が続出していたのを放置し、めぐみさん拉致を招いた。この恥知らず親子を地元はいつまで当選させるつもりだ?

未来へ続くドア、探していた

それは、現在の心の部屋の
ドアを閉めなければ、
現れてこないという

迷いごとが多すぎて、
それには勇気がいる・・

未知なることへの恐怖心

居心地の良さから脱却し
握り締めていた想い、すべて閉じたとき

次のドアは大きく開らかれた

1歩、踏み入れたとき
そこは、ただ光満ちて・・
解き放たれて・・

もう、ためらわない、
ここから、先は。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
技術立国日本が危ない  昨夜のNHKの「クローズアップ現代」で中国の清華大学では政府主導のもと、企業との強力な連携に伴う膨大な資金力を用いて、優秀な学生を集め、最先端の機器を導入し、それに惹かれて、また世界のトップ企業が参入→また資金が増えると言う戦略を紹介していた。 そし...
国破れても国は滅びず 特攻証言集「国破れても国は滅びず」1 特攻証言集「国破れても国は滅びず」2 特攻証言集「国破れても国は滅びず」3 特攻証言集「国破れても国は滅びず」4 特攻証言集「国破れても国は滅びず」5 先日の靖国ドキュメント映画に続き、是非、この動画も、ご覧...
再開三回目 格差社会バンザイ  チベットが、ひいてはチベットに不当な弾圧・抑圧を行い、その尊厳・生命を蹂躙している中国は、今や大問題になってる。  その中で国内問題に目を向けるのもいかがなものか、と思いはするのだが、俺はあえてこっちに目を向けたい。  おいおいチベット、ひいては中国独...