FC2ブログ

2008/09/01(月) 14:14:26 [おしらせ]


国思う小報告

 日々新たなご訪問をいただき有難うございます。

 先稿「IHI「韓国人大量採用」」で、韓国紙「朝鮮日報」(8月30日付)が記事に、「日本の大企業が史上初めて、韓国の大学・大学院の卒業生を対象に、ソウルで就職説明会を開き、240人を採用することを決めた」と報じた件について周知し、論考を報告させていただきました。

 当該の文言については、今朝10時に、IHI(石川島播磨重工業)より同紙へ訂正要求が入り、「数人を採用することを決めた」との訂正がなされました。以って、「240人」と謂う枠組みは、多くの読者がご指摘の通り、全体の採用枠であり、その中での韓国人採用も数人はあり得る、との情報を朝鮮日報紙が都合良く解釈して報じたものであることが判明しました。これが本日(月曜)のように、平日稼働の日であれば、直ちに「日本の大手企業」もクレーム出来たのではないか。8月30日(土曜日)に記事掲載、との点に何かがありそうですが、これについて、同紙は「単なる誤記であった」との説明でした。
-------

20080831001
朝鮮日報記事(訂正前)
-------

20080901005
朝鮮日報記事(訂正後)
-------


 IHIからは、明日(9月2日)から、予定委通り、韓国で就職説明会を開き、優秀な人材がいれば数人を採用したい、とのことでした。採用を考えているのは機密情報に直接関係しない開発部門、との説明がありました。差し出がましいことは重々承知の上ですが、しかし、近年の中国・韓国籍の社員による、社内の保全の壁を巧みに破るかのような、情報の持ち出し、スパイ事件が続く中で、果たして、韓国人学生を信頼して採用して良いものか。この点について、一部共通する分野の専門家の1人として疑義を申し述べ、再考を願いました。その詳細については、小ブログ等も折々の参考としていただけるようお願いしました。同社には真剣に耳を傾けていただき、感謝します。再考するとのことでした。

 

 日本は毅然とあれ!



平成20年9月1日

博士の独り言




Comment


よかったです。安堵いたしました。
今はいいのですが
彼らは一つ許せば二つ、二つ許せば四つ、八つと倍々、すぐに十倍、百倍と踏み込んできます。一度でも公に道をつければ二度と利権を手放しません。差別を盾にどんどん仲間を引き込んでくるので将来に渡って内部を侵食され、いずれ組織崩壊に至る。

彼らはその残骸までにも群がっては一滴残らず甘い汁を吸い尽くすまで離れない。いえ、残骸でも残っていれば、いつかは心ある日本人が立て直すかもしれませんけど、事実上、過去の栄光も歴史も信用も全てを失うのです。

これを韓国の法則発動とか言うそうです(苦笑)。
朝鮮人採用の件
 意外ですね 大企業というのは。朝鮮人など採用すれば会社を食われるだけだというのがわからないのですかね。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら