FC2ブログ

2009/01/28(水) 06:52:13 [国内時事]

面白い授業、生きた授業に期待

20090128001 
エンジニアが教える理科
 理科離れ 昨年12月に発表された「国際数学・理科教育動向調査」で理科平均点は小学4年で5点、中学2年で2点上がり、文部科学省は「学力低下傾向に歯止めがかかった」としている。平成15年の前回調査は小4理科が前々回より10点下がり、中山成彬文科相(当時)が学力低下を認め、「ゆとり教育」見直しのきっかけとなった。産経新聞記事(切り抜き)1月28日朝刊(25面)より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞の同記事。参照のため引用

----------

面白い授業、生きた授業に期待

 「エンジニアが教える理科」。産経紙面で目についた記事だが、好ましい試みの1つではないか。云く、「ものづくり再生は小学生の理科授業から」と。記事は小学5、6年生を対象に、「社会人講師活用教育支援プロジェクト」が進められている、その光景の一端を紹介している。実体経済の根幹は「ものづくり」にあり、「もの」を研究開発する人々、「もの」を設計する人々、そして、「もの」を作り出し、「もの」を運ぶ人々によって支えられている。いわば、「ものづくり」のそれぞれの分野で活躍するエンジニアはその国の財産であり、また、いかに、その国がエンジニアを守り育てているか、否か、がその国の実体経済の先行きを占う大きな要素とも謂えよう。

 一般に、企業で活躍するエンジニアは、「ものづくり」の厳しい採算の上で、どうしたら限られたコストの範囲内で信頼性の高い「もの」を作り出すことが出来るのか(要旨)、と日夜汗して職務に取り組んでいる。日常の電化生活やライフライン、通勤に使用する乗り物、街々の灯りや空調設備、ひいては身につける時計などの精密製品にいたるまで、エンジニアが関わらないものはない。それらの存在を、ごく当たり前のように錯覚してしまいがちだが、これらを抜きにして、現状の生活は成り立たない、と謂えよう。その意味で、前線で活躍するエンジニアが、次世代を担う小学生の授業に登壇することは、面白い授業、生きた授業の期待にもつながるのではないか。
----------

理数は「物事」の考え方を学ぶ科目

 表題記事には、学力低下を憂い、かつての「ゆとり教育」見直しに寄与した中山成彬文科相(当時)の事跡について触れ、新学習指導要領では、小学生の理科の授業時間が増えることが記されている。そもそも、この理科、算数は、受験のための学科と謂うよりは、やがて大人になり、社会人になり、親となるであろう子供たちにとって、「物事」の考え方を身につける学科である。この認識が必要だ。やがて、科学者、数学者になるためではなく、これから生きていく上で、目の当たりにする物事、事象を認識し、頭の中で整然と整理し対処するための「考え方」を身に備えるための「基礎」と謂える学科である。

 たとえば、アインシュタインは、「教育とは、学校で学んだことをすべて忘れた後に残るものだ」(要旨)との言葉を遺したが、子供の頃に学ぶ理数科目には、とりわけ、この言葉が示唆する意味の重さがある。幼い年齢ほど、学校教育の中で重視すべき分野ではないか、と記事に触れてふと思う次第である。この辺の論理的な「考え方」をしっかり身につけておけば、大人になってから、さらに、年齢を重ねるほどに役立つ機会が増える。つまらない授業は身につかない。どのようにして、子供たちが興味を持てる、楽しい授業を、と教育の現場は工夫を重ねる必要があるだろう。ストで授業を平然と休む先生たちの代わりに、場合によっては、海外に流出してしまいかねない優秀なエンジニアたちに、次世代を担う子供たちへの授業を任せてみるのも有意義な1つではないか。
----------

【筆者記】

 その意味で、表題は興味深い記事である。以上、紙面記事を参照し、小考を報告する。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、小稿を新たにアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメント、メッセージをいただき感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。

日本は毅然とあれ!
 
 


Comment

これはワシの体験ですが・・・
物作りでは無いんですけれどもね。
ワシはゲームが好きでした。
ドラクエとかファイナルファンタジーです。
で、これ、自分で作れないかなぁ?
これがc言語と呼ばれるプログラムを覚えたきっかけです。
面白いからあっと言う間に覚えます。
c言語を覚えなきゃ、と言う感覚は無く。

物作りでも、先にこんな面白い事が出来るよ、と見せてあげるべきだと思います。
その上でどうやったら出来るんだろう?
子供は自発的に覚えていくでしょう。
そう言う教育が良いと思います。
命をかける大切さ。

やはり、国を憂い、国を思うが為に、自分の命や地位を投げ出された方々の勇気は、国の在り方、教育を変えていくのですね。

それをまざまざと見させて頂きました。

「一人では何も出来ない、変わらない」という人がいますが、それは、かっての日本人のように『勇気ある行動』を抑え込もうとする“反日勢力”の呪縛だと思います。

吉田松陰しかり、坂本竜馬しかりです。
今現在では、田母神氏や中山大臣のような方達でしょう。

彼らの自らの身を顧みず、勇気ある愛国精神無くして、日本が成功できたとは思えません。

今現在も憂国の有志方の抗議やデモによって、どれだけ多くの日本人が『覚醒』し、『勇気』ずけられたことでしょう。

ただただ感謝あるのみ、そして命をかけておられる有志の方々に、出来る限りの協力と支援をするのが、私達国民に出来る唯一のことではないかと思います。




ものづくり
 ものづくりは本当に大事なことだと思います。 それはほとんど 「国力」 に比例すると思いますわ。

 古代、 栄えた地域には、 各地から産物が集まりました。 当然、 ものづくりの技術も集積するわけで、 これが他の動物と違った文明を発展させましたね。
 技術は農業生産から生活用品の生産まで、 豊かさに関係し、 むろん軍事力にも影響します。

 一方では貨幣経済の成立に伴って、 金融取引など、 生産に直結しない経済力への指向が幅をきかすことになりますが、 これはややもすると産業、 ひいては実体経済の空洞化につながる危険を孕んでおります。
 産業革命に沸き、 七つの海を支配した英国も イギリス病になりましたし、アイスランドの破綻、 サブプライム問題に発した米経済の危機など、 ものづくりから離れた経済の衰退と言えるでしょう。

 日本はものづくりの火を絶やすべきではありませんわね。 当然、 理数系の学問は大切になります。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
カストロとオバマ/キューバとアメリカの新しい海峡    ||| キューバとアメリカの新しい海峡 |||  オバマの「ダイレクトな対話」は、キューバとアメリカの国交復活へ向かう航路  弟カストロ「オバマは良い奴」と可能性を示唆、チャベス「中南米無視」を指摘 キューバ・ハバナ発 |キューバのラウル・カストロ大...