--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/30(木) 09:41:26 [国籍が問われる政治家]


議員バッチを外し
支那の土となり、肥料となるべし

20100930001 
中国建国61周年 日本の議員50人以上出席
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で日中関係が緊迫するなか、中国の程永華駐日大使主催の中国建国61周年を祝うレセプションが29日夜、都内のホテルで開かれた。政界からは細川律夫厚生労働相や大畠章宏経済産業相、松本龍環境相ら与野党の国会議員50人以上が出席。日本経団連の米倉弘昌会長ら経済人や文化人、ルース米駐日大使らも姿を見せた。日中双方の要人の発言にマスコミの注目が集まっていたが、出席者のあいさつはなかった。産経新聞紙面(切り抜き)9月30日朝刊(5面)より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞の同紙面より参照のため引用

-----------

必要な、政治家の「分類」

 生物の分類に、「界門網目科属種株」とあるのをご存知のことかと拝察する。あくまで風刺の意味合いに過ぎないが、その分類を人間の生態にも当てはめ、判りやすく整理することが出来るのではないか。たとえば、表題に、「中国建国61周年」のレセプションにご出席のどこぞの国の国会議員諸氏について考察すれば、「政界 売国門 隷中網」に属する方々かと思う。どこぞの政党の方であれば、その後に、たとえば、「民主目 特亜科 朝鮮属 闇法種 ○○(芳名)株」 とでも付せば、その議員殿の「政治特性」と先行きがあからさまに判りやすくなるのかも知れない。

 いっそのこと、選挙公報に記していただければ、多くの有権者にとって判りやすくなり、且つご当人の名刺も要らなくなるのではないか。

 表題は、都内で行われた「中国建国61周年」のレセプション(29日)に、50人以上のどこぞの国の国会議員が出席した、と報じるニュースだが、判明分だけでもその8割近くを民主、公明両党の議員諸氏で占めていることが同紙面(Web)によって判る。自民党からは、「隷中網」でお馴染みの加藤紘一氏や二階俊博氏、野田毅氏らが芳名を並べておられる。最近は、社民党と活動を共にされている様子が目立つOBの野中広務氏の芳名もみられるのが印象的である。

 同行事が都内ではなく、もしも、中国共産党の国の国内で行われていたものであったとすれば、帰国いただかなくても結構。そのまま支那の土になるなり、肥料やうなぎの餌になるなりしていただければそれで良い、と。こうも申し上げたくなる歴々である。
-----------

職責放棄に等しい歴々

 日本の主権を侵害し、さらに、いつもの如く、強硬と懐柔、その2つの顔を交互に使うパターンに出始めた中国共産党政府は、「交戦下の敵国」と等しい認識を以って対峙すべき相手である。それにも関わらず、国の主権を断固守るべき立場に在る国会議員諸氏が、ノコノコとその敵国の「建国」行事に出かける。グラス片手に歓談したとあれば、もはや、驚きの他ない。しかも、民主党からは、「細川律夫厚生労働相、松本龍環境相、大畠章宏経済産業相、平岡秀夫総務副大臣」の閣僚4人が出席とあれば「職責放破棄」にも等しい。心ある国民にとっては心悲しくもなる。

 議員峻別のご参考としていただけることかと思う。「中国建国61周年を祝うレセプションに出席した国会議員は次の通り」(判明分、敬称略)として、掲載されている紙面(Web) を以下にクリップさせていただきたい。

(以下、転記)

 【閣僚・副大臣】 細川律夫厚生労働相、松本龍環境相、大畠章宏経済産業相、平岡秀夫総務副大臣

 【民主党】 柳田和己、藤井裕久、江端貴子、前田武志、田城郁、大泉博子、稲見哲男、今野東、古賀一成、江田五月、首藤信彦、大島九州男、奥村展三、山本剛正、川上義博、岩本司、藤田一枝、矢崎公二、石毛●(=金へんに英)子、川越孝洋

 【自民党】 二階俊博、加藤紘一、野田毅、村田吉隆、茂木敏充

 【公明党】 山口那津男、東順治、井上義久、石井啓一、遠藤乙彦、斎藤鉄夫、石田祝稔、大口善徳、高木陽介、遠山清彦、魚住裕一郎、松あきら、渡辺孝男

 【共産党】 井上哲士

 【社民党】 福島瑞穂、重野安正、照屋寛徳、服部良一

 【みんなの党】 松田公太

 【無所属】 辻元清美

 【元国会議員】 野中広務、神崎武法

(以上、転記)
-------

 「お」のつく方や、「は」のつく方など、本来ならば、出席しても不思議ではない真打ちの「売国門 隷中網」に属する国会議員が幾人となく浮かぶ。だが、話題になるのを恐れてのことか、ここに芳名が見当たらない歴々もまたおられるので、みなさまのご賢察に委ねたい。

平成22年9月30日

博士の独り言
-----------

先祖代々の日本を護りましょう!

20100930002
路傍のバッタ(筆者) 写真は、「ウルトラマンの顔」のモデルになったとされるショウリョウバッタ。分類は次の通り。「動物界 節足動物門 昆虫綱 バッタ目(直翅目)(バッタ亜目 バッタ下目) バッタ科(ショウリョウバッタ亜科) ショウリョウバッタ属 ショウリョウバッタ種」。
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。