--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/03(日) 12:55:38 [挨拶]

 
中川昭一氏 一周忌

 中川昭一氏の一周忌に際し、同氏を尊敬申し上げ、国思い国守る心を鑑と拝する日本国民の一人として、心よりご冥福をお祈りいたします。

20101003001
産経新聞平成21年(2009年)10月4日付記事より引用
----------

先駆者として偲ぶ

 この日に際し、日本の誇れる先人の一人となられた中川昭一氏を偲び申し上げ、小稿に一言申し上げたく存じます。日本人は目覚めれば事の次第が実に迅速である。幾多の先人の事績の数々に、その世界に比類なき特性の数々が史実の上に如実に示されております。いわゆる西欧列強が驚嘆した維新後の歩みもその業績の一つと拝せられます。

 しかし「維新」は日本を愛し、日本人の誇りのもとに日の丸を掲げ、日本の将来のために命を捧げた事績でありました。まさに日本人の歴史であり、外来の、大陸半島の賊民による破壊行為ではあり得ない。

 その象徴的な反証事例が民主党であります。表向きには「維新」を掲げ、集票宣伝に利用しながらも、党大会でその日の丸を割いてつなげて党旗と変造して掲げていた事件は、多くのみなさまがご存知の事実かと思います。この政党は、通常でも国旗掲揚、国歌斉唱を是としない政党であり、都合悪しとみれば国民の目を欺き、国民議論を避け偽装の限りを尽くす。その闇政治の特異性に、最早、日本人本来のメンタリティは存在せず、支那、南北朝鮮の出先政党であるかのように、主権国にごく当然にあるべき国務のスタンスを破棄し、主権と領土、福利厚生を売り渡す日本棄損の工作組織としての素顔を露呈しております。

 かくなる偽装に、いよいよ心ある日本人が目覚める時にいたりました。目覚めれば事が速い。この日本人元来の聡明さと心の強さ、底力を示し、先ずは戦後の妄執を取り払い、毀日の虚構の数々を英邁に見抜き、教育を根本的に改善し、主権国としてごく当然有するべき自主的な憲法を制定し、いかなる大国にも依存しない自国の安全に資する防衛力を築き、続く世代へ胸を張って引き継げる毅然たる日本構築の途が開くべき時を迎えました。

 その意義の上で、中川昭一氏は日本の新たな先駆者であります。常に日の丸を掲げられ、その凛としたお姿を通じて、在るべき日本人の誇りと心の強さを問いかけて下さった。いかなる大国の首脳に対しても媚びを売ることなく、日本の政治家として有るべき主張を整然と通しておられたのも、その一端と拝察しております。

 書簡のお礼にと頂戴した日の丸のスタンドは、日の丸のもと、心ある日本人は結束せよと国中に問いかけた祖族の日の丸とともに大切な宝とさせていただいていおります。いよいよ、国が毅然となるその時に、国思う国民の一人として、日本晴れの空に大きく掲げさせていただきたく存じます。人間、死して冥土に持参できるものは無いとしても、遺せるものは在る。このことを身を以って実証されたのも中川昭一氏の存在です。

 この先、必ずや毅然となりゆく日本を、ぜひ、見守っていただきたくお願いします。中川昭一氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

平成22年10月3日

島津 義広
----------

■ 主な関連記事:

中川昭一氏を偲ぶ 2010/09/29 
訃報・中川昭一氏 2009/10/04 
意見書・産経新聞殿 2009/02/20 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18 

----------

日本は毅然とあれ!

20101003002
国思う哉(筆者)
----------

 障碍により、以上の挨拶へ参上が遅くなりましたことお詫びします。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。