--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/25(木) 21:17:22 [民主党]

 
政治家にとっても、大切な「往生際

20101125004
小沢氏の特別抗告棄却=検察官役指定の差し止め請求-最高裁
 東京第5検察審査会の起訴議決をめぐり、小沢一郎民主党元代表が求めていた検察官役弁護士の指定の仮差し止めなどについて、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は25日、請求を退けた東京高裁決定に対する小沢氏の特別抗告を棄却する決定をした。小沢氏の求めを退ける判断が確定した。時事通信Web) 11月25日付記事より参照のため抜粋引用/写真は「起訴議決の適否、刑事裁判で」最高裁初判断 小沢氏の特別抗告棄却 」と報じる産経新聞Web) 11月25日付記事より参照のため引用
----------

自語相違と往生際の悪さ

 小沢一郎氏の資金管理団体の政治資金規正法違反事件が、嫌疑不十分による「不起訴」(2月)した検察判断に対し、不服申立を受理した東京第5検察審査会によって「起訴相当」の議決(4月27日)が下されたことは、多くのみなさまがご存知のことかと思う。同議決を受けて検察は再度捜査を行ったが、再び不起訴処分となった後に、検察審査会が2度目の審査を実施し、2度目の議決を発表(10月4日)し起訴が確定した。

 それに対し、小沢氏が東京地裁に行政訴訟を起し、検察官役として強制起訴を行う弁護士の指定を差し止めるよう、国に求めるたが棄却。その後も抗告を重ねるも、小沢氏のその「検察官役指定の差し止め請求」は、ついに最高裁でも「請求を退けた東京高裁決定に対する小沢氏の特別抗告を棄却する決定をした」(時事通信)と伝える記事である。その事由について、「同小法廷は、改正検察審査会法で導入された起訴議決の適否について、「刑事訴訟で判断されるべきもので、行政訴訟を起こして争うことはできない」とする初判断を示した」としている。

20101125002
時事通信Web) 11月25日付記事
---------

特異なゴネ得は、特亜の気風

 さらに、別途、「小沢氏は議決取り消しなどを求める行政訴訟も東京地裁に起こしており、12月21日に第1回口頭弁論が開かれる予定だが、訴えが却下される公算が大きくなった」とも報じている。小沢氏のこれらの行動は、どこへでも正々堂々と出て身の潔白を証明する(要旨)、とのどこぞの党の代表選などでの公言を自ら覆すに等しく、さて、起訴議決を突きつけられて、いやだ、起訴なんていやだ、とばかりに駄々をこね、眼前の現実からお逃げになろうとしているに等しい。

 往生際は潔く。これはいにしへよりの日本人の美徳だが、かくなる往生際の悪さと、それを証する自語相違の言動を拝見するつけ、この方をどうしても日本人とは筆者には思えないのである。さも特異なゴネ得狙いは特亜の気風に違いない。先稿でも指摘させていただいたが、御身の“潔白”の証明を願われるのであれば、裁判から逃げるのではなく、むしろ自ら進んで法廷に臨むべきではないのか。且つ、公職にある公人として、求められれば、偽証罪を適用し得る国会喚問の場で、御身が主張されて来た“潔白”を証明すべき立場にある。
----------

■ 主な関連記事:

往生際「小沢氏の場合」考3 2010/10/18 
往生際「小沢氏の場合」考2 2010/10/14 
往生際「小沢氏の場合」考 2010/10/07 
----------

 特に、将来の国思う政治家を志すみなさまにとって、小沢一郎氏の事例は、こうなってはならない、との逆手本となしていただくに十分かと思う。たとえば、「石川や 浜の真砂(いさご)は つきぬとも 世に盗人の たねは尽きまじ」、とは石川五右衛門の辞世の句と伝えられる歌だが、かつての大泥棒でさえ最期は潔かった。潔しをもって美徳となす日本人の心。たとえ砕末であっても、五右衛門の胸にもその心が幾分か在ったゆえと拝察する。ひるがえって、この小沢一郎氏は何であろうか、とあらためてこう感慨するニュースである。

平成22年11月25日

博士の独り言
-----------

日本は毅然とあれ!

20101125003
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。