--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/13(日) 22:00:58 [学外講義]

「武士は食わねど高楊枝」の謂

20110213005
博士の独り言にアクセスし辛い状況
 【読者便り】 現在も博士の独り言にアクセスし辛い状況が継続していますが、何故か昨日は、パソコンからのアクセス数が2万5千余りと、アクセス数が3万件を下回るだけでなく、一昨日に比べ凡そ6千件も少なくなっています。 これは一体何故なのでしょうか? 休日にアクセス者が減少するのなら分かりますが、このアクセス数の激減は理解に苦しみます…。 いつもよりエントリー記事の数が少なかったからでしょうか…? (2010/03/12 00:39) 「博士の独り言」応援者さんより当時頂戴したメッセージ)/写真は「路傍の梅」(2011年2月13日)(筆者)
-----------

諸事のため
 
 諸事への対応に懸命になっているうちに、夜遅くの時間帯になってしまいました。あらためて後ほど小稿を報告させていただくこととさせていただきます。しかし、「日本盲導犬協会(財団法人)」へのクリック募金(1日1クリック=1円の募金)へのご協力をあらためてお願いいたしたく、併せて、ここに先年(平成22年3月12日)の小稿を再掲させていただきたく思います。
 
 アクセス数に関して読者から頂戴したご質問に対してお答えし、さらに、日本人の誇れる美徳に少々触れさせていただいたものです。ご参照いただけば幸いです。以下、
-----------

アクセスカウンターの故障
 
 みなさまより激励のメッセージをいただき有難うございます。お返事を申し上げたく思うこともしばしばですが、返信先が判らないため、「個」への特定を回避させていただいた上で、公開させていただき差し支えのない、と判断するメッセージについては、折々、短稿ながら、小稿に紹介し、この場でお返事を申し上げることにしています。
 
 なお、アクセスについてご心配いただき、感謝します。アクセスカウンター(2010年3月11日)についてですが、サーバーに障害が発生した模様です。総計で約4時間分のアクセス(PC)が計上されなかった模様です。攻撃を受けた可能性も考えられますが、この現象については、故障が原因かと思われます。こうしたことが年に数度有るようです。なお、小ブログのアクセスカウンターについては、一応、「ユニーク数」に設定しております。
----------

「武士は食わねど高楊枝」の謂れ
 
 ところで、「武士は食わねど高楊枝」、との謂(いわ)れをみなさまにはご存知のことかと思います。武士たる者は、たとえ、生活に窮(きゅう)して食事を満足に出来ない状況にあったとしても、満腹を装って楊枝を使う、と。この喩(たと)えは、一般に、よく「やせ我慢」を表す意味に用いられているようです。しかし、より深い意味が示すものは、たとえ、いかに生活に窮しても不義、不行に手を染めず、との日本人の美徳を表すもので、そもそもの、大和の国、敷島の品位の高さを、武士の気位に約した喩(たと)えと謂えます。どこぞの「恥」を知らない国の民やそれらに準ずる一部の政治家のメンタリティとは、品位の点で格段の差が有ります。
 
 また、物事、事象を構造的にとらえ、諸事を関連付けて認識することを特長とする日本人にとっては、たとえば、空腹時に目の前に饅頭を出されても、手をつけずに、それが毒饅頭であった場合も含めて、その先に有り得るリスクを先ず考える。それゆえの「高楊枝」のスタンス、とも謂えます。ごく身近に、たとえば、国から「子ども手当」が出ると云われても、さぞ、有り難いことかも知れないが、日本人の美徳に照らしてみて、その「代金」は、果たして、先々で誰が支払うことになるのか、と。そこで構造的にその先読みをする。また、それが可能なのが、理性と品位をもって処する日本人の美徳と謂えるのであります。

 大げさかもしれませんが、たとえ、乞食となっても恥に身を染めず、との謂でもあります。物事の筋道を違えたおかしな政党やカルトの世話にはならず、わが身には日本人の美徳に照らす誇りあり、と堂々と生きる。おそらく、この信条は、多くの国思うみなさまが、ごく当たり前に共有しておられる信条と拝察しております。そこにまた、英邁に事象を見抜く日本人の特質を発揮できるものと思います。以上、少々余談になりましたが、地道ながら、今日もまた、日々新たに進んでまいりたく思います。次世代のためにも、廃国政党やカルト、恥知らずの毀日国の侵蝕など、あらゆる国害に騙(だま)されず、また、世話にならず、先祖代々の日本人の美徳を誇りとして、毅然とした日本を築いてまいりましょう。 (以上、平成22年3月12日の小稿より転載)
---------- 

20110213004  
路傍の紅梅(2月13日)
----------
 




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。