--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/06(水) 22:14:30 [明るいニュース]

台湾大地震の「恩返し」

20110706002
台湾大地震の「恩返し」 校舎再建の小学校、児童が小遣いを義援金
 東日本大震災の被災者支援のため台湾から日本に送られた義援金は、世界最大級の約173億円(6月15日現在、台湾外交部調べ)に上った。大半は民間からの善意。1999年の台湾大地震で校舎が倒壊し、日本の義援金で校舎を再建した台中市の小学校では、子供たちが自分たちの小遣いなどから約190万円を送った。「隣国の友人に恩返しを」。親日的な台湾に熱い支援の輪が広がっている。産経新聞Web) 7月6日付記事より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞同記事より資料として参照のため引用
----------

真の意味で大切にすべきは、いずこの国なのか

 思い起こせば、台湾に大規模な震災が発生(1999年9月21日)との速報に個人的に触れたのは海外でのことでした。ご縁のあった学生諸氏やご家族、シニア世代の方々の安否が気がかりでならず、当時のネットを通じて、相次ぐ速報に見入った記憶があります。

 同国では、20世紀内で最大規模と指摘された大きな震災でしたが、速やかな復興を果たされ、国家の機能を回復されたことに、未だ敬意の念は絶えません。表題は、同震災の後に、「日本の義援金で校舎を再建した台中市の小学校では、子供たちが自分たちの小遣いなどから約190万円を送った。「隣国の友人に恩返しを」。親日的な台湾に熱い支援の輪が広がっている」と伝えるニュースですが、本来、義を重んじる同国の人々の心を感じ、涙を禁じ得ません。

 真の意味で大切にすべき国はいずこの国なのか。この問いかけを今後も重ねたく思う次第です。同国良識の方々が、日本の国思う良識とともに、中華コミンテルンの侵略を粛々と見抜き、断固として撥ね退けられ、日台の新たな絆が育まれて行くことを願って止みません。

20110706003
産経新聞Web) 7月6日付記事(つづき)より
----------

再び世界を歩く時は

 各国への身の行脚はしばらくご無沙汰になってしまいましたが、中華コミンテルンや朝鮮人民主党、その小間使いのカルトらが衰滅し、再び世界を歩く時が来れば、真っ先に台湾を訪問したい。この思いでおります。またご挨拶できる時まで、シニア世代のみなさまにおかれても、どうかお元気で。ご健勝をお祈りいたしております。
-----------

■ 主な関連記事:

友国・台湾に感謝 2011/03/23 
----------

■ 国思う参考資料
 
□ 平成22年12月18日 中国共産党「対日解放工作」への対峙
□ 平成22年11月21日 訪問勉強会 特亜および露西亜の真実 
-------

日本は毅然とあれ!

20110706001
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。