--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/21(木) 11:24:03 [民主党]

今度は前原氏か

20110721001
「ポスト菅にヤル気まんまん」 前原氏“とらぬ狸”の前のめり
 興味深い誌面を見つけたので、小稿にクリップさせていただきたい。博士の独り言/写真は週刊文春 7月28日号誌面(P48)より資料として参照のため引用
----------

代表選の「政治空白」再びか

 延命を続ける菅直人氏(どこぞの首相)は、退任時期をそれとなく示唆すれども、具体的な「時期」については明言していない。民主党内からはあるいは8月末に、とのガス抜き発言も“ニュース”を通じて聞こえては来るが。仮に、菅氏を同時期に退任させるとしても、一旦、そこで総選挙を問い、国民に信を問い直すスタンスは民主党政権に観られない。あわよくば、さらなる「与党」としての政権延命を謀ろうとしている。

 その証左とも指摘すべき事例の1つが、またしても「政治空白」を生むであろう民主党の代表選であり、そこへ照準を合わせるかのように、再び頭をもたげて来た前原氏への「待望論」ではないか。表題も、「不祥事でわずか四ヶ月前に閣僚を辞任した議員が有力候補というということ自体、民主党政権の絶望的な状況を象徴している」と記事を結んでいる。
----------

自民党への秋波

 復興協力を盾にするかのように、ここ数ヶ月間、前原が自民党へ送る「秋波」の様子についても一部で報じられている。そうした際、この前原氏があたかも保守系の国会議員であるかの論調がみられるが、果たして、いかがなものか。実際は、保守系に人脈を広げてはいるが、しかし、その実体は、先稿で指摘させていただいた通り、保守系と謂うよりは、むしろ、見せざる政治信条は「北朝鮮に近い」とみられる旧社会党系の民主党議員と同軌であり、日本の保守系に対する対日政治工作員とみなせば判りやすくなる。

 いわば、民主党という“枠内”で、旧社会党系の議員がその正体を露呈して潰れる段になれば、その一方で、副交換的に、結果的には同等の“機能”を“発揮”して「亜」の傀儡政権のさらなる延命を謀る駒(こま)として政権内部で動く。そうした役割を“担う”存在とみなして差し支えない。すべては謂わないが、かの新進党(その前段の日本新党を含む)系出身の国会議員諸氏には、一見、わが身を保守系であるかに見せるかの偽装傾向が顕著であり、英邁に見抜くべき点がここにある。

 リベラルを自称しつつ、闇法案の一部や国籍取得の容易化に熱心な政治家は、党派を問わず、以上の影響を受け、あるいは、前原氏らの流れに同化して対日政治工作員化した議員とみなせば、個々相応に怪しげな政治行動の本質が判りやすくなるのではないか。
-----------

■ 主な関連記事:

前原氏「在日献金」考 2011/03/05
前原氏「汚れた献金」考 2011/03/04
前原氏「訪朝記念写真」考 2011/02/21 
小沢待望論を斬る 2010/12/04
隷中ゴルフ「民主4人組」考 2010/12/02  
----------

そもそもが「使い回し」の民主党

 民主党の人材の「乏しさ」を傍証するものかと拝察するが、現下の首相(=イコール)民主党代表にしても、前首相の鳩山由紀夫氏にしても、あるいは、一部で首相待望論が持ち上がったかの小沢一郎氏にしても、いずれもが順繰りに民主党の代表を務めて来た歴々である。前原氏もまた同様であり、ここで前原代表(=イコール)延命政権の首相待望論が持ち上がったとしても、“党是”の使い回しの延長線上でのイベントに他ならない。

 民主党にとっては、可能な限り「首相」「閣僚」の経験者を増やしておく方が、たとえ次の総選挙で敗北するとしても、政界への“影響力”を残せる、とそう踏んでいるのかもしれないが。無能による政治的な空転、中身乏しき「ラベルの貼り替え」の政治空白の迷惑を被るのは他でもなく、日本国民である。
----------

【筆者記】

 民主党の代表選で再び政治空白が生じるのであれば、むしろ、総選挙を実施する方が現下の理に適っている。政権交代選挙での集票のために、国民に対して示した政権公約はほぼ壊滅状態であり、その脆弱な足元を見透かすかの他国による領土侵害はその度をさらに深めつつある。同じ政権内で首相の首さえすげ替えれば“良し”とする政治ショーには、すでに多くの国民が辟易とし始めているはずだが。
----------

日本は毅然とあれ!

20110721002
路傍にて(筆者)
----------





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。