--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/20(月) 20:45:00 [闇政治/闇法案]

南北朝鮮と同じ地区割り「道州制」は
日本「朝鮮化」“政策”の一つ 

20120820001 
首相公選制、道州制が柱 「中京維新」マニフェスト
  
大村秀章愛知県知事は20日、次期衆院選に向けて設立した政治団体「中京維新の会」のマニフェスト(政権公約)案を発表した。首相公選制や道州制導入を柱とし、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」が作成を進める「維新八策」と共通点が多い。「行革なくして増税なし」として民主、自民野合の現状では消費税増税は認めないと明記した。河北新報Web) 8月20日付記事より参照のため抜粋引用/同記事より資料として参照のため引用
----------

南北朝鮮と同じ「道州制」

  一昨年の小稿で、読者のみなさまに次の問いかけをさせていただいた。「南北朝鮮に習うかのように、なぜ、この「道州制」の勘案を急がなければならないのでしょうか。現実に、南朝鮮には「京畿道」「江原道」「忠清北道」という具合に計九道。北朝鮮にも「平安南道」など計九道が存在しています。観方(みかた)によっては、この日本列島を南北朝鮮と統一するための地区割りにさえ映ります」と。

 そこでさらに、その南北朝鮮と統一するかの地区割りは、隣国へ軍事侵攻して領土を収奪して来た中国共産党政府の視点からすれば、次の“領土拡大に好適”な解放(侵略)事前策に匹敵し得ることを指摘させていただいた。日本を取り巻く状況に、幾分かでもその危惧有らばと。主張する政党、政治家を問わず、また大義名分としている「行革」の是否を問う以前に、この事案には筆者は反対である。
----------

▼ 一昨年の指摘:

「道州制推進基本法案」考 2010/08/2  
----------

「外国人参政権」を国政に直結

  また、「維新の会」が掲げている「地方分権に向けて」として、「参院を廃止し、地方の首長が参加する「道州院」の二院制に―などを掲げた」(表題)とある。

  これを、そもそも「外国人参政権(永住外国人への地方参政権付与)法案」と、さらに悪法「人権擁護法案(現在は民主党案の「人権侵害救済機関設置法案」)」への賛意を示して来られた橋下徹氏率いる同会の是と照らせば、仮に、「外国人参政権」が法制化となった後は、在日外国籍者の“政治参加”が「道州院」を通じて地方議会を飛び越えて国政にまでおよぶ結果を招く。

 この日本に住みながらも、必ずしも日本の国内法に遵法に資する意思が無く、“祖国愛”に満ちたこれらの民が、時の政府を通じて、たとえば、“竹島を南朝鮮の領土と認める”とか、“尖閣諸島を支那領と認める”との事案を成立せしむるよ動きに出れば日本は混乱する。さらに、それらへ反対する声が有れば「人権侵害」として“合法的”に潰すことも可能になってしまう懸念が有るが、いかがか。

 諸々の懸念について、これまでの小稿(関連記事)に指摘させていただいているので、ご参考の一つとしていただければと思う。

----------

■ 主な関連記事:

橋下徹氏「対日工作員と抱き合う」拝考 2012/04/23 
拝考「橋下・維新の会」総選挙候補者リスト」 2012/04/12
拝考「橋下徹氏」 2012/01/30 
----------

【筆者記】

 涼を摂り、これから拙き筆も少しずつ加速して行く。しばしの短稿ながら、みなさまの応援をお願いする。
----------

 ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき心より感謝申し上げます。ブログの日頃の論旨につき、ごく当たり前の筋道に照らして「おかしい」、「変だ」と洞察し、意見書のメモとしてみなさまに報告させていただき、その病理を問う。これが「博士の独り言」のスタンスで、今後も不変です。

 事実の指摘は決して悪口には該当しません。「公」に対する批判はそれが事実であればことさらに「悪口」の類ではなく、むしろ、さらに事実を掘り下げるために不可欠な指摘です。事実を淡々と指摘すれば、「なるほど、そうか」と気づく人もまた意外に多い。ごく普通の日本人が、ごく当たり前の「言」を発して行く。事実を即した、その共有が広がるほどに、また日本は毅然と恢復する、その素地を取り戻していくに違いありません。

 事実の共有はすべての第一歩です。正論は事実から生まれ、良識の声は必ず力になる。良識による日本防衛を切に願い、国害と指摘すべき諸事項に対し、覚悟して取り組む国思う活動を応援くださり、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ! 

20120820002 
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。