--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/21(火) 23:30:30 [民主党]

 

ヌルヌル感が否めない「共同付託」提案

20120821001  
竹島「共同付託」提案書、韓国政府に手渡す 
  
政府は21日、韓国が不法占拠している島根県・竹島の領有権問題について、日韓両国で国際司法裁判所(ICJ)に共同付託する提案書を韓国政府に届けた。韓国政府は共同付託を拒否する構えだ。日本政府は韓国が拒否を表明すれば、直ちに単独提訴の準備に入る。共同付託の提案書は、ソウルの日本大使館員が同日夕、韓国外交通商省を訪ね、日本担当の崔鳳圭(チェボンギュ)東北アジア1課長に手渡した。読売新聞(Web) 8月21日付記事より参照のため抜粋引用/同記事より資料として参照のため引用
----------

諸士の心を敬う

  「後は好きにして」と言いたげなヌルヌル感こそ否めないが、あくまでも平和裏に事の解決に当たりたい、との野田内閣の意向を組んでのことかと拝考する。あくまでも日本政府のその後に真に実行するか、否かにもよるが、南朝鮮が拒否すれば「単独提訴」に出る、との前提での「共同付託」提案書の提示それ自体は決して誤った方法ではない。国家的な領土侵略に対して主権国のごく当然に執るべき措置であり、好ましくはもっと迅速に、即効で実行すべきであったが。

 問うべき需要なことは、南朝鮮がこの度も提案から逃げ、日本政府が単独提訴を成した場合に、たとえ審理が成立しないにしても、それを機にどれほど効果的な国際アピールを出来、且つ、南朝鮮に対する類する措置を厳正に講じることが出来るの、否かにある。言い換えれば、一歩も引いてはならない被侵略である。国民に対するガス抜き程度の「いつもの」と“ちょっと保守”的な偽装闇政治の一環で終わっては取り返しがつかない。それゆえ、史上最低の現民主党政権にとって一度くらいは「良いことをしました」とここでピリオドを打ち。後の措置は次期政権に委ね、決して政権延命のために今般の事柄を悪用しないことが肝要だ。

 なぜならば、民主党の大部分が親朝鮮議員であり、且つ、陳哲郎氏など、その“理想の祖国”の血脈を引く帰化系議員らのあまりの多さが指摘されて止まない“政党”であり、マニフェスト不履行も典型的な一つだが、平然と手のひらを返すがごとくの「祖国」さながらの嘘と誤魔化しに満ちた党体質が、そもそも良識の預託に耐え得ないからである。

----------

■ 主な関連記事:

▼「博士の独り言 II」の21日の小稿:

政府「21日の閣議」拝考 
----------

【筆者記】

  朝鮮語がペラペラの、あの言うだけ議員のケースとはその事由も異なるようだが。“ちょっと保守が売り”の野田佳彦氏が、何故、闇法案の賛同者であり、親韓であり、民団に入魂(じっこん)でおられるのか。その真相を衝いたかの有志の情報を先稿で紹介させていただいたことが有ったので、ご参照いただければ幸いである。

▼「博士の独り言 II」での今春の小稿:

野田首相「病理」の側面 2012/02/25 
----------

日本は毅然とあれ! 

20120821002 
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。