--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/18(火) 18:10:00 [メディア報道の闇]

 

接続水域に中国監視船 海上保安庁確認、漁船の情報はなし

 18日午前6時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島魚釣島の北北西約43キロの日本の接続水域で、中国の漁業監視船「漁政35001」が航行しているのを、海上保安庁の巡視船が発見した。接続水域は領海の外側にあり日本の国内法が適用される。

 第11管区海上保安本部(沖縄県)によると、中国の公船が尖閣諸島周辺の接続水域に入るのは、尖閣諸島の国有化後2回目で、今年10回目。

 中国のメディアは17日、東シナ海の禁漁期間終了を受け、中国の漁船約1万隻が出漁し、そのうち約千隻が18日にも尖閣諸島周辺海域に到着すると報じたが、11管の担当者は「『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない」と話した。

 「警備態勢は通常よりも強化しているが、必然的に大船団への対応は限界がある」(海保幹部)のが現状で、海保は警戒をしながら情報収集を進めている。

 産経新聞Web) 平成24年9月18日付記事より
 -------

『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない

 多くの方から、支那(China)から大量の漁船が尖閣に向けて襲来して来る。このことをブログであつかってもらいたい(要旨)との問い合せをいただいている。今般の当該の情報に限っては、中国共産党政府恒例の「ブラフ(脅し)」による様子見である可能性が窺えるため、その旨を書きの関連記事に指摘させていただいた。

 そもそもの出処は、表題の産経新聞も報じた「中国の国営ラジオ局、中国中央人民放送(電子版)」であり、「東シナ海の禁漁期間終了を受け、中国の漁船約千隻が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺海域に到着すると報じた」(同記事の場合は産経新聞)とした報道にあった。すなわち、衛星監視などによる客観的な数値ではなく、今般についても、メディアが中共の「ブラフ」をそのまま伝えるかの「何時ものスカスカ記事」と見なして差し支えない。

 表題は、「11管の担当者は「『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない」と話した」としているが、こちらの方が真実である。筆者も海保に問い合わせたが、当該の漁船群はいまのところ周辺海域に確認できていない(要旨)との回答であった。

 間違っても、ニュースで云っていた、新聞に書いてある等々のみの“情報”に翻弄され、且つ、そうしたどさくさを巧みに衝いて来る対日工作勢力の扇動に乗ってしまうかに不安や動揺をいたずらに増幅する必要はない。その典型的な最新事例の一つと謂えよう。日本の“メディア報道”やが騒然としているのとはまた別の部位で、本当の意味での対日軍事行動が進められているとの視点を見失ってはならないのである。
-------

 メルマガ「博士の独り言」2012.09.18-19より
-------

■ 関連記事: 支那派遣「漁船約千隻」考 (09/18)

  http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1135.html
携帯  http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=1135
----------

■ メルマガ『博士の独り言』 登録窓口 (登録・受信無料)

 http://www.mag2.com/m/0001088522.html
----------

日本は毅然とあれ!  

20120918001  
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。