FC2ブログ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/25(土) 15:20:47 [読者便り]



民主党の瑕(きず)報道が少ないのもこの集団によるためか
韓国の国策・工作集団「VANK」

20070825003
【読者便り】 韓国には国際的に「東海」表記を定着させようと画策している「VANK」(Voluntary Agency Network Korean)と呼ばれるサイバーテロ組織があります。この組織は「日本海」を「東海」に変えようとしているだけでなく、全世界に向けて韓国の捏造歴史を広めたり独島(竹島)は韓国の島だという運動をしたりと世界中に毒電波をふりまいています。たとえば集団による電子メール攻撃です。「日本海」表記を採用している企業などに対して組織的に大量の抗議メールを送りつけ「東海」に変えるよう要求します。検索サービス大手のグーグル社やマイクロソフト社に表記を変えさせた実績があります。企業側にしてみれば、何万通ものメールを送りつけられて業務妨害されているわけですから相手側の要求を受け入れるほかありません。そうしないと業務妨害されて仕事ができないわけですから。このような業務妨害などのサイバーテロを行っているVANKという団体は韓国政府から資金援助を受け大統領から表彰まで受けているバックに韓国政府がついた団体です。 読者Mからいただいたメッセージ)/写真は「盧武鉉大統領」(下は二重まぶたへ整形手術後)大統領からしておかしい。朝鮮日報より引用
----------

「背景」で策動する大規模な「韓国」工作集団

 特定国による日本への国辱に対し、しらみ潰しに当たるよりは、先ず、「VANK」という専門組織が存在し、「日本海」単独併記に対する妨害をはじめ、韓国の捏造史を広めている事実を把握し、その弱点、急所を攻める闘いをすべきではないか、とのアドバイスを読者からいただいた。

 表題もその1つで、ご存知の読者もおられると思う。ネット経験が浅く、団体の存在と名称を耳にしてはいたが、韓国がここまで「国家規模」で動いていることには気づかなかった。アドバイスに感謝する。同時に、短稿を通じて周知し、有効な対峙方法を、今後、採ってまいりたい。


 読者から教えていただいた記事情報に感謝する。たとえば、朝鮮日報2003年1月9日付記事には、「サイバー民間外交使節団「VANK」に大統領表彰」と題するものがある。云く、『国政広報処は世界有数の地図製作会社を相手に、東海(トンへ)を日本海と併記するよう誘導した功労を称え、サイバー民間外交使節団の「バンク(VANK)」に対し、10日、大統領表彰を授与すると9日発表した』と。現況からなぞれば、なるほど、「そうだったのか」と思う。通算3度の大統領表彰や韓国国会大賞、韓国観光大賞等を受賞しているという。

 この工作集団の発足は1999年のようだ。記事に云く、『99年に民間ネチズンの国家広報団体として発足したバンクは、持続的な東海併記活動を行い、昨年はナショナルジオグラフィック(National Geographic)、グラフィックマップス(Graphic Maps)など、有名な地図製作会社が東海と日本海を併記するよう働きかけた』と。また、『また、米国のポータルサイトであるライコス(Lycos)に掲載された韓国関連の誤った情報を是正する成果を上げた』とある。この“功績”に対し「大統領表彰」を与えたとあれば、国ぐるみの策動であることは明白だ。

 また、同じく、朝鮮日報の「VANK、全世界の教科書是正運動に着手」と題する記事には、『1万2000人のネチズンからなるサイバー民間外交使節団「VANK」は27日、3・1節(韓国の独立運動記念日)を迎え、全世界の教科書出版社と学校の図書館を対象にする「韓国誤びゅう是正運動」に着手すると明らかにした』と。この「2003年」当時から推測すれば、現在は組織も活動範囲もより大規模であろうことは容易に想像できる。

 同記事には、さらに『VANKは、「全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書に、東海(トンへ)を日本海に、また韓国を中国や日本の属国で貧しい農耕国家に記述している」とし「こうした教科書の間違いを指摘し、韓国を正確に理解するために必要な資料を伝え、大々的な改善を求める計画」とした』と記されている。

 一連の朝鮮日報の記事は、韓国の「こけおどし」とも読める。日本人の常識尺度からすれば、まさか、このような工作集団が実在し、「大統領」までがその活動を幇助している、とまでは思い難いのではないか。だが、その常識を超えた「非常識」。世界の「非常識」が「韓国の常識」と認識すれば、一連の事の次第が分かり易い。


 以上は、反日策動の性質をより掘り下げて識る上で、大きな参考となった。それとと同時に、ここで手の内を見せることは出来ないが、この組織の弱点、急所と思われる点がいくつも浮かび上がる。彼らには悪知恵、集団圧力を利用したカルト的な手法はあるが、「人間」個々の知恵、思考が欠如している。この「世界の非常識」を打ち破る。実現可能である。順を追って、後稿にみなさまに報告し、さらにアドバイスをいただきたく思っている。
----------

人海戦術にどう対抗するか

 ジョバンニ24世氏からは、次のアドバイスをいただき感謝する。途中からの抜粋で恐縮だが、ジョバンニ24世氏は、『私もしばしばBBCを初めとする海外のメディアに抗議文などを送りつけている者です』と述べられている。国思う人である。

 同氏は、韓国の集団工作について、『彼らのやり方は人海戦術なのです。大勢でわいわい騒ぐことによって、対象となる者が降参するというやり方ですね。これはやくざ以下の卑怯な方法です。慰安婦、強制連行、アメリカにおける小説、展示問題、サッカーや体操、ショートトラックなどで彼らが見せた姑息な方法は世界の知るところとなっています』と指摘。


 さらに、同氏からは、『朝鮮と中国による反日感情は反日教育の賜であることの実体証拠を集め、日本海呼称のみならず、日本文化(寿司、剣道、折り紙、空手等々)の横取りの実体、上記した数々の事件のあらましなどをまとめておいて、英文にしておき、世界中のメディアに配布することが効果的であると思います。HPにしておくと、必ず削られます。是非、がんばって日本の文化と伝統をまもり、卑劣きわまりないコソ泥国家中国、朝鮮と戦ってゆきましょう』とアドバイスをいただいた。

 ネットを使わない「配布」は、いわゆる、小ブログ以前の段階から、筆者も行って来た「書簡活動」と共通する事だが、仲間がさらに見つかり、有り難く思う。この地道ともいえる活動を併せて展開する。過去は識者を主な対象としていたが、各国のメディアを明らかな対象とする。有効であるに違いない。アドバイスに感謝する。このように、共に闘うスタンスからいただくアドバイス、忌憚なきご意見に感謝する。日々新たに歩を進めたく思う。以上、短稿の報告にて。
----------

【筆者記】

 余談だが、民主党の瑕(きず)報道が少ない理由は、やはり韓国のこうした集団圧力が背景に存在しているためかもしれない。
 
 
特定国の国辱に迅速に対応し、迅速に動く「速さ」。後ろから斬りつけて来る相手を、振り向きざまに無礼撃ちにする「強さ」。羊頭狗肉(ようとうくにく)を掲げる特定国の、「狗肉」を世界中に晒(さら)す「知力」を大いに培うことを基本目標としつつ。アドバイスを歓迎する。

----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。応援してください。

 国民の手で日本を取り戻しましょう!
----------

 



Comment


博士様
朝鮮人たちは、非常識と言うか気狂いと言うか脳無ヒョン大統領になってからどうしょうもない国になりましたね。これだけ執拗に反日・侮辱・捏造・日本文化のパクリ・エトセトラ。日本が見切りつけ離れていっているのも気がつかないんでしょうか。日本に好意を持っている国は沢山ありますし、ノムヒョンの外交先で日本の悪口を言って回った結果韓国の馬鹿が世界中に知れ渡りましたが。日本海は西洋国家が大航海時代につけた名前ですよね。

参考情報です。いよいよ日米同盟破綻か。
キーワードは北朝鮮の「ウラン」です。

安部改造内閣が直面する外交ショック
http://www.nicovideo.jp/watch/sm894622

外交危機の日本_内閣改造人事は
http://www.nicovideo.jp/watch/sm894818
まずは国内の団結から
この系統のブログに訪れる皆さんの怒りや疑問は最もですが、ではどうすれば良いかと言う視点が欠けている気がします。皆で対策を考えて実行して行きませんか、取り敢えず皆で対策を出し合って論議する事からでも、残された時間は少ないかも知れませんが。では言い出しっぺの私から、ショック療法で荒唐無稽と思われる提案から行きます。例えばVANKを始めとして朝鮮人はギャーぎゃー五月蝿くしつこく、対象外の人間は後難を恐れて関りを避けようとしてその場から逃げます、それがあの馬鹿の思う壺です。諸外国はいくら日本を舐めても政府も民間も何も(効果的な行動を)してこないので、五月蝿い方を優先するのです。ではどうすれば良いのか、今回は国内編です。近所で誰かが朝鮮人の理不尽に悩まされていたら町内会全体で団結して当該朝鮮人を糾弾して排除する。一端排除したら当該朝鮮人が二度と近隣で馬鹿な真似をしない様に皆で見張る、要した経費は例え無茶でも民潭か総連及び当該朝鮮人の所属する企業組織取引先に民事訴訟と言う形で請求する。その際相手方の味方として政治家弁護士警察までが出てくる可能性が有ります、その際は堂々と交渉してその過程全てを白日の下に公開する事です。今まで朝鮮人を蔓延らせた原因はすべて事勿れ主義で事態を公開する事無く進めたからですから。今回はここまで

サイバーテロ集団を国が支援するとは・・・
韓国という国はどこまで腐っているのでしょうか?
「東海」は、聞くも不愉快な言葉です。
日本の尊厳が、足元から日々、崩されてゆくような気が致します。日本は、大東亜戦争当時から、国際的な情報発信が不得手でした。蒋介石・宋美齢の対米宣伝に、日本はすっかり敗北をきし、対米戦争への道に突き進んでしまいました。

いまもまた、特亜三国のプロパガンダに、日本政府はなすすべもない様子です。工作集団「VANK」の存在は、博士のブログで初めて知りました。何とか、情報戦争に負けないようにしたいものです。ミケ

博士いつもお疲れさまです。きっと奴らは博士達についてもまた歴史歪曲団体と一方的に騒いで攻撃してくるんでしょうね。博士絶対に負けないでください。心から応援してます。
しかし世界もそろそろ韓国や中国の異常さに気付かないものでしょうか?工作活動が凄いのでなかなか表面化はされないかもしれませんが、親日化の海外の人も韓国中国の汚点について語る人が現われてもいいような気がするんだけどな…。ま、今はまず日本人自身がなんとかしないといけませんね。
工作活動が厳しいなかでも、米でやっとチャイナフリーが出てきました。必ず真実が通ると信じたいです。
日本人として
先ほど、韓国勢の異常な国家レベルの情報工作について研究していたところでこのサイトを見つけました。僕は日本人として、日本を守りたい。少なくとも、協力になりたいです。僕も韓国勢が国家レベルで日本を内側から侵略しているなんて知らなかった。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
このサイトから学習させていただきました。
僕の意見としては、まず日本ミディア(数多くが在日朝鮮人たちによって操られている)を朝鮮人達の手から開放させることだと思う。なぜ、テレビや新聞で異常性抜群の反日韓国のことをあまり報道しないのか。答えは簡単である、操られているのだ。朝日新聞など。。

僕達は日本人として日本を自分達で守らなければならない。平和ボケしてしまった奴らに何を言っても無駄だ。もう頼るものは何もないことを認識せねばならない。アメリカだって核兵器を持った中国から本気で日本を守ってくれることはない。
まずは国レベルで国民の認識を変えなければならないのではなるまいか。

博士さんへ
これから一緒に頑張って問題を解決していきましょう。日本人として。。!!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
どいつもこいつも、ほんまに! 【筆者記】自民党の山崎拓・元幹事長は23日、ソウル市内で韓国の李在禎(イ・ジェジョン)統一相と会談し、北朝鮮に対するエネルギー支援について「拉致問題の何らかの進展が日本の条件だ。南北首脳会談でもうまくいくよう話し合って欲しい」と求めた。これに対し、李統一
韓国軍、化粧して美しくなるニダ! 韓国人男性の間で化粧が流行っているようです。キ、キモいです><普通軍隊って押忍!番長的な世界じゃないんすか?w 女々しさ全開なんですけどwwwwこんなんで国を守れるんだろうか……? まあね、大統領が率先して整形するお国ですからね。素晴らしい。そう言え....
何をモノサシにするか (学歴について考える その2) もし、今の社会で学歴を否定したとしても、やっぱり会社は優秀な人材が欲しい。学歴が使えないとすると、別のモノサシが必要になる。
学歴というモノサシの意味 (学歴について考える その3) 生まれの身分がモノサシだったものを、学歴に切り替えたのが今の社会。
学歴の効用 (学歴について考える その1) 今日から4回連続で、「学歴について考えるエントリー」をアップします。
坂の上のその先 (学歴について考える 最終回) 学歴に関係なく、知的好奇心が旺盛な人は一杯いる。世の中には学校で習う範囲や受験範囲をはるかに超える知の世界が広がっている。
日本的価値観の構造 (日本的価値観の構造 その1) 今日から6回連続エントリーで、日本的価値観の構造について考えてみたい。
建て増し思想の利点 (日本的価値観の構造 その2) 思想の建て増し構造の利点は、おおきく二つある。
カルシファーと防人 (日本的価値観の構造 その3) 日本的価値観の建物が各種輸入思想の建て増し構造を持っていたとすると、各種の思想の核の部分はあるのかないのかといった議論が起こってもおかしくない。
大東亜共栄圏と宗教原理 (日本的価値観の構造 その4) 知の性能の観点からみれば、古典や世界宗教の性能は大きい。指向性が全方位におよび、また賞味期限も非常に長いから。
宗教や思想の耐用年数 (日本的価値観の構造 その5) 思想の建て増し構造は時代に即応したフレッシュな思想をいつでも使える利点があると述べた。時代の流れが速くなればなるほど力を発揮する考え。
日本的価値観の構造 補追1 カルシファーと天皇の関係についての補追。
日本人にとっての神と人との関係 (日本的価値観の構造 補追2) 日本人にとって、宗教思想は原理ではなく道具ではないかといったけれど、なぜそこまで柔軟になれるのかについて。
文化的受容度の高い国家における価値観の構造差 (日本的価値観の構造 補追3) 文化的受容度の高い国家における、価値観の構造差について。
日本人は無宗教なのか (日本的価値観の構造 補追 最終回) 長かったこのシリーズも今回が最終回になります。おつきあいくださいましてありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。