FC2ブログ

2012/10/01(月) 00:15:00 [近況報告]


雷雨に襲われた夜

 自ら望んでのこととは謂え、国思う活動の方に要する費用が莫迦にならないため、私費(光熱・通信費など)への足しにするため、週に二度、夜間の家庭教師をこなし、受験向けの数学、外国語を教えています。時に、期末試験前など、望まれて学部生に応用数学や物理学を教えることもあります。

 午後遅くから複数の生徒宅を回り、一通り終えるが大体、夜の九時半頃でしょうか。二週間ほど前の暑い夜のことでした。いつものように家庭教師巡りを終え、駅の方向へ歩いて行く途中で、ポツポツと大粒の雨が降り出し、瞬く間に、それが雷鳴と共にシャワーのように降り注ぎ始めました。

 駅までは数キロ有る。屋根のない停留所へたどりついてバスを待つにしてもぐしょ濡れになるだろう。さて、困ったと思いながら歩を早めた視線に、二十メートルほど先の小さな洋食屋さんの灯りが入りました。早くもバケツの水をかぶったかに全身が濡れて恥ずかしい思いがしましたが、懐には数百円しか無いにも関わらず、猫のように扉を開け、「申しわけないのですが、雨宿りさせてください」とお願いしました。
----------

心温まる応対

 女子店員さんに案内されて窓際の席に着くと、店内には客影がすでに見当たらなかった。閉店間際だったことが分かりました。申しわけないのでカプチーノを注文させていただくと、「大変な雨ですね。今、タオルをお持ちしますのでお待ちください」と。店主らしき人に尋ねて、大きなタオルを二枚も運んで来てくれました。思いがけないタオルにお礼を云うと、「いいえ、大変でしたね。どうぞご遠慮なく」と目礼をしてくださり、厨房の方へ入って行きました。

 窓外の豪雨はなかなか止まず、午後十時を回ろうかとする頃、空になったカプチーノのカップを見てか、「これはサービスです」と淹れたてのコーヒーを運んで来てくれました。「どうかご遠慮なく。この大雨が止まないと私たちも帰ることができませんから」と。

 雨がようやく小降りになりはじめた頃、「大変に助かりました。こんなに遅くまでどうも有難うございました」と四百円を支払った際に、その女子店員さんが、「あの、これをお持ちください」とビニール傘を手渡してくれました。両手で傘の本体を支え持ち、柄をこちらにそっと向けるその差し出し方でした。その作法は、まさに相手への思慮を底にする敷島の作法でした。
----------

弥栄の礎となる

 「では、今度お邪魔した時にお返しします」と云うと、「どうかご心配なく、お身体をお大事になさってくださいませ」と柔らかに一礼なさった。この女子店員さんの年頃は、どう拝見しても二十歳前後で、こちらから尋ねはしませんでしたが、おそらくは近隣の大学の学部生さんではないかと直感し、よくぞお若いのにと感銘し、さすがは敷島の若者ぞ、と心温まる思いがしました。

 この若者の世代がやがて就職し、結婚されて子の親になり、お孫さんを持つ世代にいたる次世代には、敷島人の誰もがこの国に誇りと生き甲斐を抱き、子孫の世代へ自信と安心を以ってその次の世代へと引き継げる日本へと恢復して行く。安倍総理のもとに、必ずその確かな端緒を開いて行く。そのための無私の礎へとなるべく使命をあらためて実感いたしました。
----------

■ 主な関連稿:

敷島の家族を思う心 2012/01/20
----------

【筆者記】

 縁筋、知人の筋を経ての青少年講座(ボランティア)の方でも、頼もしい小中高生のみなさまと出会えたことを誇りに思います。たとえ、自らが持つすべてをこの子らに語り伝えても、それでも足りないほどの大きな可能性を感じております。茶の作法一つにしても、筆者よりも早く小学校入学の頃から身につけておられる子や、家庭教育の中で十歳前にすでに正しい日本語の基本を習得している子もおられる。皇国の黄金則もごく当然のごとくにほとんどの子がごく当たり前のこととして習得しておられる。頼もしい限りです。

 わが身のことはさて置いても、尽しに尽してでも、次世代のために何でもして差し上げようと思う。将来の国思う大学校へ向けて、その思いをことさらに深めたこの一年でもあります。
----------

 読者のみなさまには、ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。安倍総理の早期実現を願い、強い日本、豊かな日本、日本人が誇りを持てる毅然とした日本を、との針路を国思うみなさまと共有させていただきつつ、身近に可能なことを進めて行きたく思います。一人でも多くの方にこの問いかけを。大したブログではありませんが、大事な時に、一つでも目立つ位置に上げてやっていただければ有り難く存じます。応援くださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!  

20121001001  
路傍にて(筆者)
----------


2012/09/24(月) 07:01:00 [中共(中国共産党)]

 



◆◆◆ ニュースレビュー: 
細野環境相、中国原発を視察=広東省トップと会談


 【広州(中国広東省)時事】中国を訪れている細野豪志環境・原発事故担当相は5日、広東省深セン市郊外の嶺澳原発を視察した。細野環境相は視察終了後、広州で記者団に対し、「中国原発の安全性について、わが国はもっと関心を持っていくべきだ」と述べた上で、情報交換の枠組みをつくる前提として中国の原発を初めて視察し
たと説明した。

 細野環境相は原発再稼働に関する方針を中国側当局者に説明したという。また、細野環境相は同日、広東省指導部のトップである同省共産党委員会の汪洋書記(党政治局員)と広州で会談。環境対策について日中が連携していくことで一致した。

 時事通信(Web)平成24年5月5日付記事(2012/05/05-21:53)

 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012050500305
-------

ごく当然の「中国原発の安全性について、わが国はもっと関心を持っていくべきだ」

 表題は、「細野環境相、中国原発を視察」(五月五日)と伝える速報である。同視察においての、「中国原発の安全性について、わが国はもっと関心を持っていくべきだ」(広州での記者会見)との発言が紹介されている。事実とすれば、ごく当然のことながら、同環境相は成すべき指摘を一部したかに映る。

 なぜならば、中国共産党政府には、とても“日本の原発事故”を云々し得ないおぞましいまでの「汚染」の事跡が目白押しであり、さらに、他国技術のパクリと、そもそもが近隣諸国に対して有って然るべき思慮、配慮が欠落したかの風土に、多数の原発の増設をすでに計画しているからである。

 たとえば、これまでに、中国共産党政府は故障した原潜の核燃料や原子炉、船体を平然と海洋に投棄して来た。さらに、五十回におよぶ核実験でも、アジアに“公表”なき多大な放射能汚染を噴霧して来たことは、読者のみなさまの多くがご存知のことかと思う。その中国共産党政府が、今度は、現在十一基の原発を「二〇二二年」までに百基へと増設する原発計画を有している。これらについてメディアはほとんど報じることなく、現政府も“対中外交”の場で指摘して来なかったのである。

 先年の“新幹線”大事故で同国の「安全性の欠如」があらためて露呈した同じように、同国の将来の大規模な原発群にもまた、同様の不安視が集中しても致し方ない現状にあると観てよい。その意味で、細野環境相の発言は有ってごく然るべき問いかけと拝察する。
----------

「日中連携」の曖昧

 但し、「細野環境相は同日、広東省指導部のトップである同省共産党委員会の汪洋書記(党政治局員)と広州で会談」として、「環境対策について日中が連携していくことで一致した」(表題)とある。

 事実とすれば、契約、条約、規約、約款が通用する国家との「連携」ならまだしも「話」は通じるだろう。だが、その相手が「ぼったくりバー」さながらのメンタリティを「国是」として来た中国共産党政府の場合、その“連携”の二文字ををその実態語に訳せば、同政府の「ご都合」のために何でも差し出し、事故時など、非常時の転嫁をこちらが被(こうむっ)ても良いと。そのように意思表示して来ているものと。身勝手な解釈するのが彼(か)の政府のメンタリティである。
----------

もたらす国費、技術の流出

 環境技術の一環とは謂え、気前よく差し出せば、“ほら、我が国(支那)も努力している。さらに技術や支援をお願いする”とアピールするためのアリバイ事例を除けば、技術は環境分野ではなく、何時の間にか軍事技術へ転用してしまう。それが「中国共産党政府」の「国是」と認識しておく必要が有る。

 民主党と称するから事が曖昧になるのである。その本質は「中華人民主党」であり、「朝鮮人民主党」と謂える。いっそ、同党の大多数と他党の隷中国会議員を集めて新党を作り、「さしだすぞ日本」とでも党名を称すれば、有権者に判りやすくなるのではないか。

メルマガ「博士の独り言」 平成24年5月8日号より
----------

■ メルマガ『博士の独り言』 登録窓口 (登録・受信無料)

 http://www.mag2.com/m/0001088522.html
----------

■ 掲載記事: どうぞ、党名を「さしだずぞ日本」へ 2012/05/08

 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-911.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=911
----------

■ 主な関連記事:

民主「中国国債の大量購入検討」考 2012/12/20

 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-603.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=603

20071107002 
・・・
-------

支那の傀儡勢力について 2011/09/05

 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-340.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=340
-------

・あの時の警鐘 2011/09/10

 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-351.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=351
-------

・素敵な「朝鮮つながり」: 創価「遺棄化学兵器」か 2011/09/13

 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-363.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=363
-------

▼ 「朝鮮つながり」の素敵な仲間たち:

 日本人に厳しく、在日「亜」、同和に優しい
橋下徹氏「対日工作員と抱き合う」拝考 2012/04/23 
 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-886.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=4241
-----
拝考「橋下・維新の会」総選挙候補者リスト」 2012/04/12 
 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-874.html
携帯 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=874
-----------

日本は毅然とあれ!   
----------


2012/09/23(日) 19:05:00 [落書き帳]

 



◆◆◆ 「何も無い時のレシピ」(14) 薩摩芋の味噌汁

 何も無い時。薩摩芋を角切りにしてこしらえた味噌汁が便利です。小さすぎて箱売りに出来なかった半端芋は今が旬で、数本入りの一袋を百円程度で買えます。どうせ食べる時は同じです。これで三日間は持つ。これを塩ゆでするなり、味噌汁に利用するなりすれば、自然の糖分や繊維質、ビタミン、炭水化物の摂取に役立ちます。
-------

20120923001
薩摩芋の味噌汁(今宵の糧)
----------

日本は毅然とあれ!  

20120923001  
路傍にて(筆者)
----------

メルマガ「博士の独り言」 平成24年9月23-24日号より
----------

■ メルマガ『博士の独り言』 登録窓口 (登録・受信無料)

 http://www.mag2.com/m/0001088522.html
----------



2012/09/18(火) 18:10:00 [メディア報道の闇]

 

接続水域に中国監視船 海上保安庁確認、漁船の情報はなし

 18日午前6時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島魚釣島の北北西約43キロの日本の接続水域で、中国の漁業監視船「漁政35001」が航行しているのを、海上保安庁の巡視船が発見した。接続水域は領海の外側にあり日本の国内法が適用される。

 第11管区海上保安本部(沖縄県)によると、中国の公船が尖閣諸島周辺の接続水域に入るのは、尖閣諸島の国有化後2回目で、今年10回目。

 中国のメディアは17日、東シナ海の禁漁期間終了を受け、中国の漁船約1万隻が出漁し、そのうち約千隻が18日にも尖閣諸島周辺海域に到着すると報じたが、11管の担当者は「『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない」と話した。

 「警備態勢は通常よりも強化しているが、必然的に大船団への対応は限界がある」(海保幹部)のが現状で、海保は警戒をしながら情報収集を進めている。

 産経新聞Web) 平成24年9月18日付記事より
 -------

『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない

 多くの方から、支那(China)から大量の漁船が尖閣に向けて襲来して来る。このことをブログであつかってもらいたい(要旨)との問い合せをいただいている。今般の当該の情報に限っては、中国共産党政府恒例の「ブラフ(脅し)」による様子見である可能性が窺えるため、その旨を書きの関連記事に指摘させていただいた。

 そもそもの出処は、表題の産経新聞も報じた「中国の国営ラジオ局、中国中央人民放送(電子版)」であり、「東シナ海の禁漁期間終了を受け、中国の漁船約千隻が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺海域に到着すると報じた」(同記事の場合は産経新聞)とした報道にあった。すなわち、衛星監視などによる客観的な数値ではなく、今般についても、メディアが中共の「ブラフ」をそのまま伝えるかの「何時ものスカスカ記事」と見なして差し支えない。

 表題は、「11管の担当者は「『漁政35001』の周辺に複数の漁船がいるという情報は把握していない」と話した」としているが、こちらの方が真実である。筆者も海保に問い合わせたが、当該の漁船群はいまのところ周辺海域に確認できていない(要旨)との回答であった。

 間違っても、ニュースで云っていた、新聞に書いてある等々のみの“情報”に翻弄され、且つ、そうしたどさくさを巧みに衝いて来る対日工作勢力の扇動に乗ってしまうかに不安や動揺をいたずらに増幅する必要はない。その典型的な最新事例の一つと謂えよう。日本の“メディア報道”やが騒然としているのとはまた別の部位で、本当の意味での対日軍事行動が進められているとの視点を見失ってはならないのである。
-------

 メルマガ「博士の独り言」2012.09.18-19より
-------

■ 関連記事: 支那派遣「漁船約千隻」考 (09/18)

  http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1135.html
携帯  http://torakagenotes.blog91.fc2.com/b?mode=m&no=1135
----------

■ メルマガ『博士の独り言』 登録窓口 (登録・受信無料)

 http://www.mag2.com/m/0001088522.html
----------

日本は毅然とあれ!  

20120918001  
路傍にて(筆者)
----------

2012/08/21(火) 23:30:30 [民主党]

 

ヌルヌル感が否めない「共同付託」提案

20120821001  
竹島「共同付託」提案書、韓国政府に手渡す 
  
政府は21日、韓国が不法占拠している島根県・竹島の領有権問題について、日韓両国で国際司法裁判所(ICJ)に共同付託する提案書を韓国政府に届けた。韓国政府は共同付託を拒否する構えだ。日本政府は韓国が拒否を表明すれば、直ちに単独提訴の準備に入る。共同付託の提案書は、ソウルの日本大使館員が同日夕、韓国外交通商省を訪ね、日本担当の崔鳳圭(チェボンギュ)東北アジア1課長に手渡した。読売新聞(Web) 8月21日付記事より参照のため抜粋引用/同記事より資料として参照のため引用
----------

諸士の心を敬う

  「後は好きにして」と言いたげなヌルヌル感こそ否めないが、あくまでも平和裏に事の解決に当たりたい、との野田内閣の意向を組んでのことかと拝考する。あくまでも日本政府のその後に真に実行するか、否かにもよるが、南朝鮮が拒否すれば「単独提訴」に出る、との前提での「共同付託」提案書の提示それ自体は決して誤った方法ではない。国家的な領土侵略に対して主権国のごく当然に執るべき措置であり、好ましくはもっと迅速に、即効で実行すべきであったが。

 問うべき需要なことは、南朝鮮がこの度も提案から逃げ、日本政府が単独提訴を成した場合に、たとえ審理が成立しないにしても、それを機にどれほど効果的な国際アピールを出来、且つ、南朝鮮に対する類する措置を厳正に講じることが出来るの、否かにある。言い換えれば、一歩も引いてはならない被侵略である。国民に対するガス抜き程度の「いつもの」と“ちょっと保守”的な偽装闇政治の一環で終わっては取り返しがつかない。それゆえ、史上最低の現民主党政権にとって一度くらいは「良いことをしました」とここでピリオドを打ち。後の措置は次期政権に委ね、決して政権延命のために今般の事柄を悪用しないことが肝要だ。

 なぜならば、民主党の大部分が親朝鮮議員であり、且つ、陳哲郎氏など、その“理想の祖国”の血脈を引く帰化系議員らのあまりの多さが指摘されて止まない“政党”であり、マニフェスト不履行も典型的な一つだが、平然と手のひらを返すがごとくの「祖国」さながらの嘘と誤魔化しに満ちた党体質が、そもそも良識の預託に耐え得ないからである。

----------

■ 主な関連記事:

▼「博士の独り言 II」の21日の小稿:

政府「21日の閣議」拝考 
----------

【筆者記】

  朝鮮語がペラペラの、あの言うだけ議員のケースとはその事由も異なるようだが。“ちょっと保守が売り”の野田佳彦氏が、何故、闇法案の賛同者であり、親韓であり、民団に入魂(じっこん)でおられるのか。その真相を衝いたかの有志の情報を先稿で紹介させていただいたことが有ったので、ご参照いただければ幸いである。

▼「博士の独り言 II」での今春の小稿:

野田首相「病理」の側面 2012/02/25 
----------

日本は毅然とあれ! 

20120821002 
路傍にて(筆者)
----------